Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年4月 > 実効性のある少子化対策として総合的な不妊対策事業「ウェルカムベイビープロジェクト」をスタート!

ここから本文です。

 

発表日:2017年4月11日14時

県政ニュース

実効性のある少子化対策として総合的な不妊対策事業「ウェルカムベイビープロジェクト」をスタート!

部局名:保健医療部
課所名:健康長寿課
担当名:母子保健担当
担当者名:加藤

内線電話番号:3320
直通電話番号:048-830-3561
Email:a3570-09@pref.saitama.lg.jp

 晩婚化が進展し、結婚しても「子供を望んでいるが授からない。」と答える夫婦の割合も増加し、今では4組に1組がそのように回答しています。

 このような現状を踏まえ、県では今年度から実効性のある少子化対策として、不妊に関する総合的な支援施策「ウェルカムベイビープロジェクト」をスタートします。 

 不妊治療をとことん応援

1 早期の治療を促す「早期不妊治療費助成事業」

 一般的に年齢を重ねるほど妊娠率は下がり、一方で妊娠・出産に係るリスクが高まります。そこで、早期に不妊治療に踏み切ってもらえるよう、妻年齢35歳未満の夫婦に対し初回分10万円をこれまでの助成額に上乗せします。

2 2人目、3人目を望む夫婦に「2人目以降特定不妊治療費助成事業」

 一人目の子供を授かっても、年齢を重ねるごとに2人目、3人目がなかなか授からない御夫婦もいます。そこで、2人目、3人目を望む夫婦に国の助成回数に加え、出産ごとに最大6回まで不妊治療費の助成を行います。

3 夫婦そろっての不妊検査を助成する「こうのとり健診推進事業」

 夫婦そろって気軽に不妊検査を受けていただけるよう、不妊検査費について助成を行います。妻の年齢が43歳未満の夫婦を対象に、不妊検査費を2万円まで補助するものです。

 専門職による相談体制の拡充

 平日に仕事をされている方も相談がしやすいように、助産師による電話相談を、4月1日から新たに土曜日の昼と夜にも開設します。

 正しい知識の普及啓発の徹底

1 高校生からの意識啓発

 高校生の若いうちから、妊娠・不妊に関する正しい知識を知ってもらい、ライフプランを立てていただくために、県内高校2年生・3年生全員に知識を分かりやすくまとめた冊子「願うときに『こうのとり』は来ますか?」を配布します。

2 他団体との連携による普及啓発

 日本生命保険相互会社と、子育て支援商品とのコラボレーションチラシを作成し、ウェルカムベイビープロジェクトを広めていただくほか、九都県市と連携し、妊娠・出産・不妊に関する知識の普及啓発を展開します。

県政ニュースのトップに戻る