Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年3月 > 世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間  県内の建物やオブジェがブルーにライトアップされます

ここから本文です。

 

発表日:2018年3月29日14時

県政ニュース

世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間  県内の建物やオブジェがブルーにライトアップされます

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:総務・障害福祉担当
担当者名:山﨑・三島

直通電話番号:048-830-3310
Email:a3310@pref.saitama.lg.jp

4月2日「世界自閉症啓発デー」です。これは、2007年に、自閉症のことを知るための日をつくろうと、世界各国の代表により国連の会議で決定されました。

また、我が国では4月2日から4月8日までの1週間を「発達障害啓発週間」とし、「いやし」や「希望」などを表す「青」をシンボルカラーにして、全国各地でライトアップやイベントが行われています。

埼玉県内でも、この趣旨に賛同した様々な実施主体により、下記のとおりブルーライトアップが行われますので、お知らせします。

1 世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間

(1)世界自閉症啓発デー  平成30年4月2日(月曜日)

(2)発達障害啓発週間     平成30年4月2日(月曜日)~8日(日曜日)

2 ブルーライトアップを行う県内施設やオブジェ

(1)大宮ソニックシティビル(大宮駅西口)(4月8日(日曜日))

※本県のシンボル的施設である大宮ソニックシティビルの駅に面する東側壁面がブルーライトアップされます。(19時00分~22時00分)

(実施主体:大宮ソニックシティ株式会社)

(2)埼玉りそな銀行川越支店(川越市一番街、国登録有形文化財)(4月2日(月曜日)~8日(日曜日))

※同行川越支店では、3月31日に築100年、5月15日に創立140周年を迎えるのを記念して、3月1日から5月31日まで同支店の店舗をライトアップ中です。そのうち4月2日(月曜日)から8日(日曜日)までをブルーにライトアップします。

(実施主体:株式会社埼玉りそな銀行川越支店)

(3)YS-11(所沢市  航空公園駅東口駅前広場)(4月7日(土曜日))

※航空公園駅前に保存されている日本初の国産旅客機YS-11をブルーライトアップ(17時55分~20時00分)。同時に、駅前広場では、歌やダンスのイベントも開催(16時50分~19時00分)。(雨天の場合は、ライトアップのみ実施。)

(実施主体:ライト・イット・アップ・ブルー所沢実行委員会  お問い合わせ先  櫻場敬子様  090-6177-4985)

(4)カリヨンの樹(さいたま新都心駅西口 小児医療センター前広場)(4月2日(月曜日))

※旧埼玉県立小児医療センター(岩槻区)の屋外に設置され、長年患者の子供達を励まし、親しまれてきたカリヨン(鐘)と、現在の病院の建物のコンセプトである「新都心に立つ大きな樹」を具現化した「カリヨンの樹」をライトアップ(日没~21時00分)。

(実施主体:埼玉県立小児医療センター)

(5)ウエスタ川越、ウニクス川越及びにぎわい広場(川越駅西口)(4月7日(土曜日))

※ウエスタ川越、ウニクス川越及びにぎわい広場をライトアップ(19時00分点灯式)。同時にイベント(10時00分~18時00分)や講演会(14時00分~16時00分)も開催。そのほかに川越水上公園前の最明寺もライトアップ(4月2日~8日)

(実施主体:ライト・イット・アップ・ブルー川越実行委員会  お問い合わせ先  溝井敏幸様  090-4079-6483)

(6)高麗古民家(こまごうこみんか)(日高市、国登録有形文化財)(3月31日(土曜日))

※高麗郷古民家(旧新井家住宅)をブルーライトアップ(18時30分~20時00分)。同時にステージ発表、アート展等のイベントも開催(14時00分~18時00分)

(実施主体:ライト・イット・アップ・ブルー日高実行委員会  お問い合わせ先  田中悠子様  080-4005-8676)

 

<3月29日現在、県で把握してライトアップを紹介しています。> 

3 (参考)「発達障害」とは

自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの(発達障害者支援法第2条)

県政ニュースのトップに戻る