Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年3月 > 近藤良平と障害者ダンスチーム「ハンドルズ」公演 埼玉を飛び出し、初の遠征公演を石川県金沢市で開催

ここから本文です。

 

発表日:2018年3月12日14時

県政ニュース

近藤良平と障害者ダンスチーム「ハンドルズ」公演 埼玉を飛び出し、初の遠征公演を石川県金沢市で開催

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:社会参加・芸術文化担当
担当者名:大島・小俣

内線電話番号:3312
直通電話番号:048-830-3312
Email:a3310-03@pref.saitama.lg.jp

年10月に、彩の国さいたま芸術劇場で第6回目の県内公演を行い、好評を博した近藤良平氏プロデュースの障害者ダンスチーム「ハンドルズ」が、ついに埼玉を飛び出し、石川県金沢市で初の遠征公演を行いました。

催地金沢の障害のある方もゲスト出演し、ハンドルズメンバーとの交流の中、満員の会場は笑いと感動の渦に包まれました。

ハンドルズ遠征メンバーは8人と県内公演と比べて少ないですが、委縮するどころか、ハンドルズパワーは全開で、北陸金沢を大いに熱くしました。
ひとまわり成長し、パワーアップした障害者ダンスチーム「ハンドルズ」の今後の活躍が楽しみとなる初の県外遠征公演となりました。

1演名

近藤良平とハンドルズによるダンス公演

「初めてのんなふうながしない」

2

平成30年3月11日(日曜日)15時~16時30分

3

金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア

4 賞者

140人

5 演者

(1)ハンドルズ遠征メンバー(8人)

(2)近藤良平、山本光二郎、ぎたろー

(以上ダンスカンパニー「コンドルズ」メンバー)

(3)武井誠(手話バンドこころおと代表/手話通訳士)

(4)ゲスト出演:金沢の仲間たち(金沢の障害のある方8人)

なかむらくるみ(ダンサー・金沢在住) 

6主催

主催沢21世紀美術館(公益財団法人金沢芸術創造財団)

共催玉県

彩の国さいたま芸術劇場(公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団)

7 の他

「東京2020公認文化オリンピアード(※)」として開催

※東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が認証する 文化プログラム

ハンドルズとは・・・

近藤良平と埼玉県内の障害者が長期間のワークショップを経て結成したダンスカンパニー。半分コンドルズ(コンドルズを目指すがまだまだ未熟・・・)、ハンディキャップ、ハンドリング(車いすの操作)に由来。出演者のアイディアで命名。

コンドルズとは・・・

藤良平を主宰とした、男性のみ学ラン姿でダンス、生演奏、人形劇、映像、コントを展開するダンス集団。 

NHKホール公演を即日完売超満員にし、世界30か国以上で公演。ニューヨークタイムズ紙も絶賛。

近藤は平成28年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞受賞。 

 <公演の様子>

参考:写真(PDF:292KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。