Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年2月 > 『ホテルに1枚プロジェクト』 心くすぐる障害者アートがぐっと身近に!

ここから本文です。

 

発表日:2018年2月2日14時

県政ニュース

『ホテルに1枚プロジェクト』 心くすぐる障害者アートがぐっと身近に!

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:社会参加推進・芸術文化担当
担当者名:大島、小俣

内線電話番号:3298
直通電話番号:048-830-3312
Email:a3310-03@pref.saitama.lg.jp

東京2020パラリンピックの開催を2年後に控え、障害者の芸術文化活動をよりたくさんの方々に知っていただくため、多くの人の目に触れる機会があるホテルのロビー等に障害者アーティストの作品を展示します。

この取組は、県が事務局を務める「埼玉県障害者アートフェスティバル実行委員会」が、県内のホテル、武蔵野美術大学、障害者アーティスト・障害者施設と連携して実施するものです。

これまでは、短い期間での展示会や関係者の鑑賞が多かった障害者アートに、長期間、たくさんの方々に触れていただく機会が実現しました。 

心くすぐる障害者アートを是非ご鑑賞ください。

1 展示開始

平成30年2月2日(金曜日)~

絵画を定期的に変更し、東京2020パラリンピックまで展示します。 

2 協力ホテル(展示場所)

浦和ロイヤルパインズホテル(1階東エスカレーター脇)

パレスホテル大宮(1階フロント脇)

ホテルヘリテイジ(4階エレベーターホール)

別所沼会館 (1階ロビー)

3 展示作品・作家

<浦和ロイヤルパインズホテル>

作品名:「茶太郎」

作家名:田中悠紀(たなかゆき)(社会福祉法人みぬま福祉会所属)

作品名:「Untitled」(立体造形)

作家名:鶴岡一義(つるおかかずよし)(社会福祉法人みぬま福祉会所属)

<パレスホテル大宮>

作品名:「飛行機」

作家名:渡邉あや(わたなべあや)(社会福祉法人みぬま福祉会所属)

<別所沼会館>

作品名:「猫たち」

作家名:原口めぐみ(はらぐちめぐみ)(NPO法人CILひこうせん所属)

<ホテルヘリテイジ>

※2月中旬に展示予定 

【参考画像:展示作品一覧(PDF:467KB)

4 協力大学

作品の選定、キャプション作成、展示など

武蔵野美術大学 教授 三澤一実氏(障害者アートフェスティバル実行委員長)

油絵学科油絵専攻3年 保坂萌衣さん

日本画学科2年 ドル萌々子さん

芸術文化学科2年 竹村 晴さん

芸術文化学科2年 中田隼斗さん

油絵学科版画専攻1年 森 ゆいさん 

油絵学科版画専攻1年 石川瑞紀さん

 

※ 埼玉県障害者アートフェスティバル実行委員会とは

障害者の自立と社会参加を推進するため、障害者の芸術文化活動を推進している。平成21年6月に設置され、県内企業からの協賛金、県の負担金により運営。

委員長 三澤一実(武蔵野美術大学教授) ほか委員14名

これまで、障害者アーティストが創作した作品による障害者アート企画展、障害のある人もない人も一緒に楽しめるバリアフリーコンサートなどを実施している。

 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。