Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年3月 > 県内市町村の平成29年度一般会計当初予算 -教職員給与費の移譲のほか、子育て支援などの扶助費の増加により、予算規模が3.5%増加-

ここから本文です。

 

発表日:2017年3月31日14時

県政ニュース

県内市町村の平成29年度一般会計当初予算 -教職員給与費の移譲のほか、子育て支援などの扶助費の増加により、予算規模が3.5%増加-

部局名:企画財政部
課所名:市町村課
担当名:財政担当
担当者名:植竹・岡野

内線電話番号:2683
直通電話番号:048-830-2685
Email:a2670@pref.saitama.lg.jp

 県内市町村(40市22町1村)の平成29年度一般会計当初予算について、その概要をまとめました。

 当初予算のポイントは、次のとおりです。 

1 概況及び特徴

 予算額は2兆4,091億1千万円となり、前年度に比べ806億4千1百万円増加 (+3.5%)しました。平成21年度当初予算から集計して以来、平成25年度以降5年連続で過去最大を更新しています。

 予算額の増加した団体は36市町、減少した団体は27市町村です。

 歳入は、個人住民税や固定資産税の増収に伴い市町村税が増加したほか、子どものための教育・保育給付費の増などにより国庫支出金が増加しています。

 歳出は、子育て支援などの扶助費の増加や新庁舎整備事業などの普通建設事業費の増加により、全体として前年度より増加しています。

 なお、県からさいたま市に公立小中学校等の教職員給与費が移譲された影響により、歳入では国庫支出金やその他税交付金等などが増加するとともに、歳出では人件費が大幅に増加しています。 

2 歳入の状況

(1)市町村税

 市町村税は、個人住民税や固定資産税の増収により1兆941億7千8百万円となり、前年度に比べ147億3千1百万円増加(+1.4%)しています。

 このうち、個人住民税は4,418億6千6百万円となり、前年度に比べ82億5千8百万円増加(+1.9%)、固定資産税は4,463億4千1百万円となり、前年度に比べ63億2千1百万円増加(+1.4%)、法人住民税は708億円となり、前年度に比べ9億5千6百万円減少(▲1.3%)しています。

 

(2)地方交付税

 地方交付税は1,403億9千9百万円となり、前年度に比べ25億6千4百万円減少(▲1.8%)しています。

 このうち、普通交付税は1,261億4千7百万円となり、前年度に比べ23億9千4百万円減少(▲1.9%)、特別交付税は142億5千2百万円となり、前年度に比べ1億5千5百万円減少(▲1.1%)しています。

 

(3)国庫支出金

 国庫支出金は、義務教育費国庫負担金、子どものための教育・保育給付費負担金及び建設事業に係る国庫補助金の増加などにより3,826億9千9百万円となり、前年度に比べ158億7千8百万円増加(+4.3%)しています。 

 

(4)地方債

 地方債は2,127億8千7百万円となり、前年度に比べ82億6千7百万円増加(+ 4.0%)しています。

 このうち、建設地方債は1,336億4千4百万円となり、前年度に比べ45億6千3百万円増加(+3.5%)しています。また、地方交付税の代替である臨時財政対策債は784億7千6百万円となり、前年度に比べ38億5千6百万円増加(+5.2%)しています。

3 歳出の状況

(1)人件費

 人件費は、県からさいたま市へ公立小中学校と特別支援学校の教職員給与費が移譲された影響により4,411億4千4百万円となり、前年度に比べ458億5千6百万円増加(+11.6%)しています。なお、さいたま市を除いた市町村計では、前年度に比べ19億8千8百万円減少(▲0.6%)しています。

 

(2)扶助費

 扶助費は5,889億7千8百万円となり、前年度に比べ146億5千4百万円増加(+2.6%)しています。

 このうち、年金生活者等支援臨時給付金の皆減により、前年度に比べ68億6千7百万円減少しています。一方、子どものための教育・保育給付は900億4千2百万円となり、前年度に比べ120億4千万円増加(+15.4%)しています。また、障害者自立支援給付費は933億2百万円となり、前年度に比べ73億8千9百万円増加(+8.6%)しています。さらに、生活保護費は1,625億6千5百万円となり、前年度に比べ26億4千万円増加(+1.7%)しています。

 

(3)公債費

 公債費は、臨時財政対策債の元金償還金の増加により2,118億円となり、前年度に比べ65億4千5百万円増加(+3.2%)しています。

 

(4)普通建設事業費

 普通建設事業費は、新庁舎整備事業などの単独事業費の増加により2,614億4千7百万円となり、前年度に比べ98億3千万円増加(+3.9%)しています。

 

詳細については、下記のホームページをご覧ください。埼玉県企画財政部市町村課のページ「平成29年度市町村予算」に掲載しています。

 URL: http://www.pref.saitama.lg.jp/a0107/zaiseitantou/h29nendoyosan.html

県政ニュースのトップに戻る