Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年3月 > 『埼玉県史料叢書19』「埼玉県布達集三」の刊行について ― 明治期埼玉県政のありようを如実に示す史料集 ―

ここから本文です。

 

発表日:2017年3月30日14時

県政ニュース

『埼玉県史料叢書19』「埼玉県布達集三」の刊行について ― 明治期埼玉県政のありようを如実に示す史料集 ―

部局名:教育局
課所名:文書館
担当名:史料編さん担当
担当者名:佐藤

直通電話番号:048-865-0112
Email:p650112@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県立文書館収蔵の重要史料を活字化した史料集『埼玉県史料叢書』の第23回配本として、第19巻「埼玉県布達集三」を刊行します。

 明治8年(1875)から同19年までの11年間に、埼玉県が出した布達(法令等を人々や行政機関に周知する文書)を全4巻にまとめる「埼玉県布達集」の3冊目の本書には、国の重要文化財「埼玉県行政文書」などから集めた明治15年から同16年までの布達448点を収録しています。これらの布達は明治期の埼玉県政のありようを如実に示す基本史料といえます。

 本書は県内外の公立図書館等に配布するほか、有償頒布を行います。また関連するコーナー展示「埼玉の県令2. 吉田清英展」を開催しています(4月16日まで)。 

1 本書の特色

 本書は、地方行政の制度の整備、また博覧会や共進会の開催による産業振興、鉄道や新道の建設が進められ、他方自然災害への備え、コレラなど伝染病の予防への取り組みなども行われた、明治15年・16年の埼玉県の社会状況や行政の対応を知るてがかりとなります。

 収録した布達は公布された年月日順に配列し、読者が読みやすいように、読点を付け、常用漢字を用い、史料を忠実に活字化しています。

2 主な収録史料

(1)コレラ撲滅のため努力するよう求める布達「コレラ病蔓延ニ付撲滅方」(史料177)明治15年8月5日

 明治期にはたびたびコレラが流行します。この布達は、コレラ予防事務を担当する検疫委員・検疫掛に撲滅のため努力するよう求めたものです。

(2)当時の県内町村の一覧表「町村名簿編製下渡」(史料270)明治16年2月15日

 県下統治の資料として各郡全町村を表にしたものです。警察の管轄や役所、郵便・電信・鉄道などの所在など、当時の状況がわかります。

(3)公衆トイレの構造図「市街廁圊構造規則制定」(史料368)明治16年6月26日

 伝染病予防など衛生政策の一環として市街地には公衆トイレを設置することが推奨されました。この布達ではトイレの構造を詳細に定めています。

(4)上野熊谷間の鉄道の開業を知らせる文書「東京上野熊谷間鉄道汽車運転仮開業」(史料383)明治16年7月23日

 明治16年7月、日本鉄道会社線第一区線(現在のJR高崎線)が開業します。この布達は工事の完成と汽車の運転の開始を伝えています。

3 有償頒布

 県庁衛生会館1階の県政情報センターで有償頒布(税込2,160円)しています。

 (県政情報センター 電話048-824-2111 内線2890)

4 関連展示

 コーナー展示「埼玉の県令2. 吉田清英展」

 会期 平成29年3月11日(土曜日)~4月16日(日曜日)

 本書が対象とした期間に埼玉県令を務め、引退後も埼玉県の蚕糸業の振興に尽力した吉田清英の人物像と同時代の埼玉県のようすを紹介しています。

 

【参考資料:写真(PDF:234KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。