Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年3月 > 漫画・アニメとのコラボレーション企画 「文豪ストレイドッグス×さいたま文学館」の開催について

ここから本文です。

 

発表日:2017年3月30日14時

県政ニュース

漫画・アニメとのコラボレーション企画 「文豪ストレイドッグス×さいたま文学館」の開催について

部局名:教育局
課所名:生涯学習文化財課
担当名:さいたま文学館駐在
担当者名:服部

直通電話番号:048-789-1515
Email:mail@saitama-bungakukan.org

 さいたま文学館では、4月26日(水曜日)から5月21日(日曜日)まで、若者に人気の漫画・アニメ「文豪ストレイドッグス」とのコラボレーション企画「文豪ストレイドッグス×さいたま文学館」を開催します。

 この企画は、展示室と図書室の中に文豪ストレイドッグス」のコーナーを設置することにより、若年層の来館を促し、文学に親しむ機会を持ってもらおうとするもので、同漫画を出版している株式会社KADOKAWAに御協力いただき実現しました。 

企画の概要

1 趣旨

(1)「文豪ストレイドッグス」とは?

 「文豪ストレイドッグス」とは、原作:朝霧カフカ・作画:春河35による漫画で、太宰治、中島敦といった文豪がキャラクター化されて現代に甦り、「人間失格」「月下獣」といったそれぞれの文学作品に対応した異能力を用いて戦うアクション作品です。ファンには「文スト」の略称で親しまれており、平成28年にはTVアニメ化されて好評を博しました。

 また、神奈川県立近代文学館、与謝野晶子記念館、森鷗外記念館、田端文士村記念館、芦屋市谷崎潤一郎記念館、中原中也記念館など、登場キャラクターのモデルとゆかりのある各地の文学館とのコラボレーション展示も行われています。

 

(2)「文豪ストレイドッグス×さいたま文学館」について

 埼玉にゆかりのある文学者をモデルにした「文豪ストレイドッグス」のキャラクターとして、中島敦と太宰治を中心に「文豪ストレイドッグス」の原画やキャラクターの解説パネル、関連資料、オリジナル書き下ろしイラストによる等身大スタンディなどを展示します。

 また、会期中に来場者対象のスタンプラリーを実施し、ポイント3か所を全てクリアした方には、オリジナル書き下ろしイラストによるクリアファイルをプレゼントします。(1人1日1枚。数量限定。無くなり次第終了)

2 会期

 平成29年4月26日(水曜日)から5月21日(日曜日)まで

 休館日:毎週月曜日

3 会場

 さいたま文学館 文学展示室(1階・地階)及び文学図書室(2階)

 (桶川市若宮1-5-9(JR高崎線桶川駅西口から徒歩5分))

4 開館時間 

 午前10時から午後5時30分まで(入館は午後5時まで)

5 観覧料 

 一般210円 学生・生徒100円

 (中学生以下・障害者手帳をお持ちの方と介助の方1名は無料)

6 展示内容

(1)中島敦と太宰治の等身大スタンディ設置(文学展示室1階)

(2)モデルが埼玉とゆかりのある「文豪ストレイドッグス」のキャラクターの紹介(文学展示室地階)

(3)中島敦と太宰治に関する収蔵資料の展示(文学展示室地階)

(4)「文豪ストレイドッグス」のキャラクターのモデルとなった文学者の代表作品、コミック本「文豪ストレイドッグス」の展示(文学図書室)

 

県政ニュースのトップに戻る