Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年3月 > 「埼玉県学力・学習状況調査」のデータ分析結果について

ここから本文です。

 

発表日:2017年3月24日14時

県政ニュース

「埼玉県学力・学習状況調査」のデータ分析結果について

部局名:教育局
課所名:義務教育指導課
担当名:学力向上推進・学力調査担当
担当者名:我妻、福沢、宮

内線電話番号:6752
直通電話番号:048-830-6752
Email:a6750@pref.saitama.lg.jp

 県教育委員会では、平成27年度から「埼玉県学力・学習状況調査」を実施しています。

 本調査の結果を活用し、児童生徒の学力向上のための指導改善を進めるため、今年度は、平成27年度及び28年度の調査データについて、慶應義塾大学SFC研究所へ分析を委託しました。

 この度、分析結果について報告を受けましたので、その内容についてお知らせいたします。 

分析結果概要

1 「子供一人一人がしっかり考え、学び合い、問題を解決するような授業」をより実践することと、子供が以下のような「学習方法や態度」をよりとることは、関係があります。

 ・学習計画を立てるなど、計画的に学習する取組

 ・繰り返し「ノートに書く」「声に出して読む」など、大切なところを身に付ける学習の取組

 ・分からないところも諦めずに継続して学習するなど、「苦手な感情」などを克服して学習する取組

2 子供が以下のような「学習方法や態度」をよりとることと、学力の向上は、関係があります。

 ・学習計画を立てるなど、計画的に学習する取組

 ・学習した内容を自分の言葉で置き換えたり、説明したりするなど、より自分の理解を深める学習の取組

 ・分からないところも諦めずに継続して学習するなど、「苦手な感情」などを克服して学習する取組

3 「子供一人一人がしっかり考え、学び合い、問題を解決するような授業」をより実践することと、「自分の感情をコントロールして行動できるなどの力」は、関係があります。

4 「自分の感情をコントロールして行動できるなどの力」と学力の向上は、関係があります。

 

【1から4の結果から】

 「子供一人一人がしっかり考え、学び合い、問題を解決するような授業」は、「子供の学習方法や態度」の改善や、「自分の感情をコントロールして行動できるなどの力」の向上を通じて、学力を向上させている可能性があることが分かりました。

 

 ※報告書の概要や研究者から実際に提出された報告書は次のホームページを御覧ください。

 リンク切れのため削除しました。 

分析結果を踏まえた今後の方向性

 上記の結果を踏まえて、学校で「子供一人一人がしっかり考え、学び合い、問題を解決するような授業」を実践する際は、「子供の学習方法や態度」の改善や「自分の感情をコントロールして行動できる力」の向上が図られているかといった点に着目した授業の充実・改善ができるよう、市町村教育委員会や学校を支援していきます。

参考

1 分析の目的

 「埼玉県学力・学習状況調査」のデータを、統計学や教科教育の専門的な視点で分析することで、児童生徒の学力向上に効果的な指導改善を進める。

2 分析の委託先

 学校法人慶應義塾 慶應義塾大学SFC研究所

3 分析代表者

 慶應義塾大学総合政策学部 中室 牧子 准教授

4 分析したデータ

 平成27年度及び平成28年度の「埼玉県学力・学習状況調査」の結果

 ・平成27年度  小学校  708校 150、310人分
                   中学校  360校   148、013人分

 ・平成28年度  小学校  708校 149、227人分
                     中学校  356校 146、323人分

県政ニュースのトップに戻る