Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年3月 > 「平成28年度埼玉青少年の意識と行動調査」の調査結果について

ここから本文です。

 

発表日:2017年3月14日14時

県政ニュース

「平成28年度埼玉青少年の意識と行動調査」の調査結果について

部局名:県民生活部
課所名:青少年課
担当名:総務・企画担当
担当者名:高山・田中

内線電話番号:2911
直通電話番号:048-830-2905
Email:a2905@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県が実施した青少年に関する調査の結果がまとまりました。

 この調査は、青少年の意識と行動の変化を把握し、今後の青少年施策に生かすことを目的に5年に1度実施しているものです。

 今回は、青少年層へのスマートフォンの急速な普及を踏まえ、携帯電話やインターネットに関する質問を見直しました。

 調査結果の詳細は、県ホームページを御覧ください。

 アドレス: http://www.pref.saitama.lg.jp/a0307/seisyounentoukei/index.html

 調査の概要

1 調査対象及び標本数

(1)満10歳から14歳までの青少年                         1,200人

(2)満15歳から30歳までの青少年                         1,200人

(3)満10歳から14歳までの青少年(上記(1))の保護者    1,200人

2 調査方法

 郵送配布、調査員による訪問回収

3 調査期間

 平成28年7月29日(金曜日)~10月31日(月曜日)

4 有効回収率

(1)60.3%、(2)48.5%、(3)62.5%

 調査の結果(抜粋)

1 家庭や家族について

 (概要版2ページ参照)

 親に対してどのように思っているかとの問いに対して、満15歳未満の青少年では「父親は頼りになる」が85.1%(前回比+2.1ポイント)、「母親は頼りになる」が89.4%(前回比+1.8ポイント)となっている。一方、「父親に反発を感じる」が27.4%(前回比-7.9ポイント)、「母親に反発を感じる」が28.4%(前回比-8.9ポイント)となっている。

 父親・母親に対する感情ともに、「頼りになる」は増加し、「反発を感じる」は減少している。

 ※「頼りになる」「反発を感じる」は、『あてはまる』と『まああてはまる』と回答した割合を合計した数値

2 働きたい職場について

 (概要版8ページ参照)

 【満15歳以上の青少年に調査】

 どんな職場で働きたいかとの問いに対して、「人間関係がよい職場」が74.7%(前回比-0.6ポイント)で最も多く、「休暇がとれ、残業が少ない職場」が51.4%(前回比+15.9ポイント)、「収入が多い職場」が39.5%(前回比-0.2ポイント)と続いている。

 「休暇がとれ、残業が少ない職場」は大幅に増加している。

3 ゲームをする時間・頻度について

 (概要版9ページ参照)

 どのくらいの割合でゲームをするかとの問いに対して、毎日1時間以上ゲームをすると答えた割合は、小学生では42.1%、中学生では58.4%、高校生では44.0%、大学生等では54.6%だった。

 毎日1時間以上ゲームする割合は満15歳未満の青少年では50.7%(前回比+18.7ポイント)、満15歳以上の青少年では47.6%(前回比+29.7ポイント)で、大幅に増加している。

4 休日の過ごし方について

 (概要版10ページ参照)

 休日をどのように過ごしているかとの問いに対して、小学生・中学生では「テレビを見る」が最も多く、その割合は小学生で68.9%(前回比+2.9ポイント)、中学生で70.5%(前回比+3.2ポイント)だった。

 高校生では「インターネットを見る」が62.1%で最も多かった。

 ※「インターネットを見る」は、新規の選択肢

5 携帯電話・スマートフォンを利用する時間について

 (概要版12ページ参照)

 【新規調査項目】

 1日にどのくらい携帯電話・スマートフォンを利用するかとの問いに対して、毎日1時間以上利用する割合は、年代が上がるにつれて高くなっている。

 小学生の23.4%、中学生の67.4%、高校生の80.3%、大学生等の94.8%が毎日1時間以上利用するとしていた。

6 青少年の健全育成のために重点を置いてほしいものについて

 (概要版15ページ参照)

 【新規調査項目、 満15歳以上の青少年と保護者に調査】

 青少年の健全育成のため、何に重点を置いてほしいかとの問いに対して、高校生の56.1%、大学生等の58.3%が「学校教育の充実」とし、保護者の48.0%が「非行防止、犯罪に巻き込まれないまちづくり」としている。

 

県政ニュースのトップに戻る