Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年3月 > 特別支援学校塙保己一学園 3月18日「点字ブロックの日」に「点字ブロックをふさがないで」理解推進啓発キャンペーンを実施します

ここから本文です。

 

発表日:2017年3月10日14時

県政ニュース

特別支援学校塙保己一学園 3月18日「点字ブロックの日」に「点字ブロックをふさがないで」理解推進啓発キャンペーンを実施します

部局名:教育局
課所名:特別支援学校塙保己一学園
担当者名:寺田

直通電話番号:049-231-2121
Email:r312121@pref.saitama.lg.jp

 県立特別支援学校塙保己一学園(校長:佐野貴仁)では、視覚障害者が街を安全に歩ける社会環境整備を願っています。

 そこで、「点字ブロックの日(3月18日)」に「点字ブロック理解推進啓発キャンペーン」を大宮駅西口デッキで実施します。

 当日は、児童生徒、保護者、卒業生及び教職員が、「点字ブロックをふさがないで」と駅利用者に伝えながら、メッセージ入りティッシュ並びに煎餅を配付します。

 また、今回、啓発キャンペーンの趣旨に賛同していただいたJR東日本の社員の皆様にも御協力をいただきます。

 さらに、埼玉県のマスコットのコバトンとさいたまっち、塙保己一学園のゆるキャラである白杖の妖精「つえぽん」も応援に駆け付けます。 

啓発キャンペーンの概要

1 日時

 平成29年3月18日(土曜日)雨天実施 10時30分~11時00分

2 場所

 大宮駅 西口デッキ

3 参加者

 児童生徒、保護者、卒業生及び教職員

 東日本旅客鉄道株式会社大宮支社

4 内容

 キャンペーン用メッセージ入りティッシュ並びに煎餅の配付

※点字ブロックの日

 点字ブロックの日は、三宅精一氏により発明され、岡山県立岡山盲学校に近い国道2号(現:国道250号)原尾島交差点周辺(現:岡山県岡山市中区)に、1967年3月18日世界で初めて敷設されたことに由来します。

※白杖の妖精「つえぽん」

 白杖の妖精「つえぽん」は、本校のPTAが考案し、製作費を全国から支援していただき誕生した、点字ブロック啓発キャンペーンマスコットです。その体の色は、白杖のカラーになっています。点字ブロックの啓発が目的なので、赤い部分の6つのボタンは、点字の「め」を表し、点字ブロックと同じ黄色のポシェットをまとい、右手には白杖を持っています。

170310-0601

 

県政ニュースのトップに戻る