Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年3月 > 東京ガス(株)埼玉支社の協力によりガスメーター復帰操作体験機を設置しました。

ここから本文です。

 

発表日:2017年3月9日14時

県政ニュース

東京ガス(株)埼玉支社の協力によりガスメーター復帰操作体験機を設置しました。

課所名:埼玉県防災学習センター指定管理者
担当名:事業企画推進グループ長
担当者名:吉田

直通電話番号:048-549-2313
Email:tyoshida@saitamabousai.jp

 東京ガス株式会社埼玉支社の協力により、「ガスメーター復帰操作体験機」を本日埼玉県防災学習センターに設置しました。

 震度5程度以上の地震などの非常時には、ガスメーターの安全機能が作動して、自動的にガスは止まります。揺れがおさまった後の各家庭でのガスの復帰操作を知っていただくために、この度、設置されることとなりました。ぜひこの体験機で復帰操作を体験していただき、災害時の各ご家庭での行動に役立ててほしいと考えています。

 また、館内には地震体験をはじめとした体験施設も常設されておりますので、防災の知識や行動力を身に付けるために、ぜひ足をお運びください。

 

 ◆設置日:平成29年3月9日(木曜日)

 ◆設置場所:埼玉県防災学習センター2階 展示室3

 ◆展示物:ガスメーター復帰操作体験機

               ガスメーター復帰方法展示パネル 等

 170309-0501 170309-0502

  ↑ガスメーター復帰操作体験機                     ↑展示パネル(イメージ)

 

 ◆参考:ガスメーター(マイコンメーター)について

 ○震度5程度以上の地震が発生した場合、ガスメーターの安全機能が作動して、自動的にガスは止まります。万が一、ガスを使っている時に地震が発生した場合はあわてて火を消そうとするのではなく、まずは身の安全の確保しましょう。

 ○揺れがおさまったら、ガス栓を閉めるなど、すべてのガス機器を止めてから、手順に従ってガスメーターの復帰の操作を行います。

 ○ただし、ガス臭い時は、栓を閉めたまま、ガス会社に連絡しましょう。 

基本情報・お問合せ先

 埼玉県防災学習センターは、「地震体験」「煙体験」「暴風体験」「消火体験」等を通して、災害時の対処方法や日頃からの備えについて無料で楽しく学べる防災学習施設です。

 170309-0503

 ・場所

 埼玉県防災学習センター

 (〒369-0131 鴻巣市袋30、電話:048-549-2313 ファックス:048-549-2316)

 ・開館時間

 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

 ※入館料無料

 ・休館日

 月曜日(祝日の場合は翌日)

 年末年始(12月29日~1月3日)

 ※その他館内点等検のための臨時休館日アリ

 ・アクセス

 ▲電車の場合▲

 JR高崎線 北鴻巣駅東口から徒歩20分

                  吹上駅北口から徒歩25分

 ▲バスの場合▲

 鴻巣市コミュニティバス「フラワー号」 吹上北コース(北鴻巣駅・吹上駅発)「アピタ吹上店」下車徒歩4分

 ・ホームページURL

 http://saitamabousai.jp/

 

県政ニュースのトップに戻る