Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年3月 > コイヘルペスウイルス(KHV)病のまん延防止に係る埼玉県内水面漁場管理委員会指示について

ここから本文です。

 

発表日:2017年3月31日14時

県政ニュース

コイヘルペスウイルス(KHV)病のまん延防止に係る埼玉県内水面漁場管理委員会指示について

部局名:農林部
課所名:生産振興課
担当名:花き・果樹・特産・水産担当
担当者名:梅沢 山田

内線電話番号:4151
直通電話番号:048-830-4151
Email:a4151@pref.saitama.lg.jp

 コイヘルペスウイルス(KHV)病について、まん延防止に係る委員会指示を1年間延長するのでお知らせします。今後も警戒が必要です。

 KHV病は、コイ特有の病気であり、人に感染することはなく、この病気のコイを食べても人には害がありません。

1 指示内容 

 コイヘルペスウイルス病のまん延を防止するため、県内の公共用水面及びこれと連接一体をなす水面においては、埼玉県内水面漁場管理委員会が承認した場合及び埼玉県が疾病検査を行う場合を除き、コイの生きたままの持ち出し及びコイの持込みをしてはならない。

2 指示期間 

 平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

3 KHV病の発生状況等

 KHV病は、コイ特有の病気でへい死率が高く、国内では平成15年に初めて発生が確認されました。県内においては、平成15年に釣堀などで発生が確認され、平成16年に河川等天然水域で発生が確認されています。

 県内では、平成25年以降の発生はありませんが、平成28年度も12都県で発生が確認されており、継続した警戒が必要です。

4 これまでの経緯

 主にKHV病に感染しているコイを、感染に気づかないまま人為的に移動させること等により感染が拡大することから、委員会では漁業法に基づき平成16年からコイの持ち出し及び持込み禁止に係る委員会指示をしています。

 

 <用語の解説>

1 「公共用水面」

 河川や湖沼等その水面が水産動物の採捕に関して一般に使用されている水面を意味します。個人の庭池など私有地内の水面は除きます。

2 「これと連接一体をなす水面」

 公共用水面とつながっている私有水面のうち、公共用水面と同様に水産動物の採捕に関して一般に使用されている水面を意味します。

3 「コイの生きたままの持ち出し」

 川や池などに放流するための移動を指します。釣りを禁止するものではありませんが、生きたままコイを持ち帰ることはできません。

4 「コイの持込み」

 他の川や池などからのコイの移動・放流や、自宅の池で死んだ魚を河川や湖沼等に遺棄することを指します。川などで釣ったコイをその場で再放流することはできます。

5 「委員会指示」

 県漁業調整規則、免許等によって固定的に調整することが不適当な事項について、随時に局所的に漁業調整を図るため、内水面漁場管理委員会が漁業法に基づき、関係者(関係者とは漁業従事者に限らず、適用すべき全ての方を含みます。)に対し指示するものです。

 委員会指示には罰則規定がありませんが、指示に従わないと間接的に漁業法の罰則規定が適用される場合があります。

県政ニュースのトップに戻る