Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年1月 > 県立近代美術館 企画展「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」を開催 孤高のグラフィックデザイナー・カッサンドルの国内20年ぶりとなる回顧展

ここから本文です。

 

発表日:2018年1月31日00時

県政ニュース

県立近代美術館 企画展「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」を開催 孤高のグラフィックデザイナー・カッサンドルの国内20年ぶりとなる回顧展

部局名:教育局
課所名:近代美術館
担当名:企画展担当 教育・広報担当
担当者名:吉岡・大浦 落合

直通電話番号:048-824-0110
Email:p240111@pref.saitama.lg.jp

 県立近代美術館では、2月11日(土曜日)から3月26日(日曜日)まで、企画展「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」を開催します。

 カッサンドルは、パリで活躍した20世紀を代表するグラフィックデザイナーです。1920年代にカッサンドルが制作した幾何学的でダイナミックな構図のポスターは、当時のグラフィックアート界に「革命」とも言うべき衝撃をもたらしました。

 この展覧会では、ファッションブランド「BA-TSU」の創業者兼デザイナーである故・松本瑠樹(るき)氏が築いたカッサンドル・コレクションから、ポスターの代表作を中心に紹介します。

1 会期

 平成29年2月11日(土曜日・祝日)~3月26日(日曜日)

 開館時間:10:00~17時30分(展示室への入場は17時00分まで)

 休館日:月曜日(3月20日は開館)

2 会場

 県立近代美術館 2階展示室B、C

 (〒330-0061 さいたま市浦和区常盤9-30-1 電話048-824-0111)

3 観覧料

 一般1,000円(800円)、大高生800円(640円)

 ※中学生以下及び障害者手帳をご提示の方(付き添い1名を含む)は無料。( )は20名以上の団体料金。併せてMOMASコレクション(1階展示室)も観覧できます。

4 出品予定作品数

 約130点(ポスター、ポスター原画ほか)

5 カッサンドルについて

 カッサンドル(1901-1968)は、ウクライナに生まれ、フランス・パリで活躍した20世紀を代表するグラフィックデザイナーです。1920年代に制作した幾何学的でダイナミックなポスターは時代の空気を鮮やかに切り取り、大きな反響を呼びました。中でも、鉄道や船をテーマにしたポスターがよく知られています。また、1930年代以降は絵画の制作や雑誌『ハーパーズ・バザー』の表紙デザイン、舞台装飾・衣装デザインなど多彩な分野で活躍しました。

6 見どころ

(1)国内ではおよそ20年ぶりとなる回顧展

  国内でのカッサンドルの回顧展としては、1995年にサントリーミュージアム「天保山」(大阪市)で開催されて以来、およそ20年ぶりとなります。没後半世紀を経てなお人々を惹きつけるカッサンドルのデザインを、まとめて見ることのできる絶好の機会です。

(2)4メートル近い大型のポスター2枚を展示

  1923年に制作され、カッサンドルの知名度を高めるきっかけとなったポスター《オ・ビュシュロン》は、幅4メートル近くもあります。今回、同ポスターの別バージョンを含む2枚を並べて展示します。

(3)貴重なポスター原画も展示

  松本瑠樹氏のコレクションには、カッサンドルが直接描いたポスターの原画も含まれています。本展覧会では、この貴重なポスター原画を約10点展示します。カッサンドルの筆触に直に触れ、その創造のプロセスをご覧ください。

7 関連イベント

(1)講演会「なんというかっこ良さ!魅惑のカッサンドル」

 内容:20世紀グラフィックアートのトップランナーにして、アール・デコのモダンさ、かっこ良さを具現化したカリスマ・アーティスト。ダンディズムとモードに革命をもたらしながら、一度は歴史に埋もれ、忘れ去られたカッサンドル(預言者)の謎に迫ります。

 講師:岡部昌幸(帝京大学教授)

 日時:2月26日(日曜日)15時00分~16時30分(開場は30分前)

 会場:2階講堂/定員:100名(当日先着順)/費用:無料

(2)担当学芸員によるギャラリー・トーク

 日時:2月19日(日曜日)、3月12日(日曜日) 各日とも15時00分~15時30分

 会場:2階展示室B、C/費用:企画展観覧料が必要です。

 

 ※御希望のグループに、本展覧会の見どころを御案内します(予約制)。

 お問い合わせ・御予約は教育・広報担当(電話048-824-0110)まで。

8 主催等

(1)主催

 県立近代美術館

(2)後援

 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

(3)特別協力

  LAFA/ Laboratory All Fashion Art.

(4)協力

 株式会社studio仕組、JR東日本大宮支社、FM NACK5

(5)企画協力

 アートインプレッション

9 交通案内

 JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)。

 JR東京駅、新宿駅から北浦和駅まで、それぞれ約35分。

 当館に専用駐車場はありませんが、提携駐車場「三井のリパーク埼玉県立近代美術館東」では駐車料金の割引があります(企画展観覧で300円引き、MOMASコレクション観覧で100円引き)。団体バスは事前に御相談ください。お体の不自由な方の御来館には業務用駐車場を提供いたします。ただし台数に限りがありますので予め御了承ください。

 

【お問合せ先】

 県立近代美術館企画展担当 吉岡・大浦 (電話:048-824-0110)

 

【参考情報】

 県立近代美術館

 ホームページ:http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

 公式Twitter:https://twitter.com/momas_kouhou

 公式Facebook:https://www.facebook.com/momaspr

 公式YouTube:https://www.youtube.com/user/momasjp

 

県政ニュースのトップに戻る