Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年1月 > 拉致問題啓発映像作品公演の開催結果について

ここから本文です。

 

発表日:2017年1月28日17時

県政ニュース

拉致問題啓発映像作品公演の開催結果について

部局名:福祉部
課所名:社会福祉課
担当名:援護恩給担当
担当者名:小山、藤田

内線電話番号:3290
直通電話番号:048-830-3277
Email:a3270-14@pref.saitama.lg.jp

 県では、国及び桶川市との共催で拉致問題啓発映像作品公演「~メッセージ~家族たちの思い」を本日さいたま文学館文学ホールで開催しました。

 挨拶に立った岡本内閣審議官、加藤埼玉県福祉部社会福祉課長(埼玉県知事代理)、小野桶川市長からは、拉致問題の解決には、一人一人が拉致問題に関心を寄せ、世論を盛り上げ続けることが重要であるとの考えが示されました。

 また、拉致被害者家族連絡会の飯塚代表は、「被害者、家族の立場に立って、国民一人一人が、同じ日本人を帰国させられるよう更なる御協力をお願いしたい。そして、近い将来皆様に帰国の報告、お礼をしたいと思っている。」と述べました。

1 出席者等

 (1)日時 平成29年1月28日(土曜日) 午後2時から午後3時30分

 (2)会場 さいたま文学館 文学ホール

 (3)出席者(主催者) 

 ・国 岡本 宰(つかさ)  内閣審議官 

 ・埼玉県 加藤 誠 福祉部社会福祉課長(知事代理)

 ・桶川市 小野 克典 市長 

2 概要

 拉致被害者及び拉致の可能性を排除できない行方不明者の御家族3名のほか、約200名が観覧されました。

 

県政ニュースのトップに戻る