Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年1月 > 川越駅及び本川越駅周辺で帰宅困難者対策訓練を実施します。

ここから本文です。

 

発表日:2017年1月27日14時

県政ニュース

川越駅及び本川越駅周辺で帰宅困難者対策訓練を実施します。

部局名:危機管理防災部
課所名:消防防災課
担当名:災害対策担当
担当者名:本橋、茂木

内線電話番号:8183
直通電話番号:048-830-8181
Email:a3165-55@pref.saitama.lg.jp

 川越市主要駅周辺帰宅困難者対策協議会(※)は、川越駅及び本川越駅周辺において、多数の帰宅困難者が発生した場合に備え、帰宅困難者対策訓練を行います。

※ 駅周辺帰宅困難者対策協議会とは、災害発生後の駅周辺等の滞留者対策として、県、地元市、鉄道事業者、駅周辺事業者、警察等で設立したもので、埼玉県内に現在7協議会が設置されています。 

訓練概要

1 実施主体

 川越市主要駅周辺帰宅困難者対策協議会(川越駅、本川越駅周辺会場)

2 目的

 帰宅困難者の安全確保を支援するための連絡体制及び役割分担を検証するとともに、課題や問題点を抽出し、帰宅困難者対策の充実につなげる。 

3 概要

(1)訓練日時

 平成29年2月4日(土曜日) 午前8時から午前10時まで

 ※ 雨天決行(荒天時または鉄道事故等が発生した場合は中止)

(2)訓練項目

① 駅利用者保護訓練

 駅施設において、利用者の安全を確保するため、施設内での待機や移動の案内・誘導を行います。

② 避難誘導訓練

 駅周辺に発生した帰宅困難者を近隣の一時滞在施設まで誘導します。

③ 一時滞在施設の開設訓練・物資支給訓練

 一時滞在施設で帰宅困難者の一時受入れと物資の支給を行います。

④ 情報収集・伝達訓練

 災害時における情報収集・伝達を行います。

⑤ 避難行動要支援者の保護訓練

 災害時の避難に支援が必要な避難行動要支援者の保護を行います。

⑥ 応急手当訓練

(3)参加人員

 川越市主要駅周辺帰宅困難者対策協議会の関係者等 約200名

4 会場

 川越駅、本川越駅周辺会場

 東武鉄道川越駅、JR川越駅、西武鉄道本川越駅

 一時滞在施設5か所(ウェスタ川越、川越東武ホテル、川越プリンスホテル、川越温泉湯遊ランド・ホテル三光、川越第一ホテル) 

【参考】

 川越市主要駅周辺帰宅困難者対策協議会

・ 設立日 平成25年2月6日

・ 構成機関 東武ステーションサービス(株)川越駅、東日本旅客鉄道(株)川越駅、西武鉄道(株)本川越駅管区本川越駅、川越第一ホテル、川越東武ホテル、川越プリンスホテル、川越温泉湯遊ランド・ホテル三光、ウェスタ川越、(株)ルミネ(ルミネ川越店)、東武ビルマネジメント(株)(エキア川越)、川越都市開発(株)(アトレ)、(株)丸広百貨店(丸広川越店)、(株)東武ストア(川越マイン)、(株)エイムクリエイツ(川越モディ)、(株)西武プロパティーズ(西武本川越ぺぺ)、川越商工会議所、川越警察署、川越地区消防局、川越市、埼玉県

・ 会長 西武鉄道(株)本川越駅管区本川越駅 管区長 久保田 徹

県政ニュースのトップに戻る