Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年1月 > 南部地域で、知事の「とことん訪問」を実施します!-蕨市・戸田市を訪問-

ここから本文です。

 

発表日:2017年1月27日14時

県政ニュース

南部地域で、知事の「とことん訪問」を実施します!-蕨市・戸田市を訪問-

部局名:企画財政部
課所名:南部地域振興センター
担当名:地域振興・産業労働・県民生活担当
担当者名:佐藤、伊藤

直通電話番号:048-256-1110
Email:h561110@pref.saitama.lg.jp

 今回の「とことん訪問」では、荒川を挟んで東京都と接し、歴史や文化といった様々な地域資源を生かして地域づくりを行っている南部地域の蕨市と戸田市を「とことん訪問」します。

※「とことん訪問」とは:

 現場主義、膝をつき合わせての意見交換を目指して、知事が自ら県内各地をくまなく訪問しようとするものです。

訪問スケジュール

1 日時

 平成29年2月3日(金曜日)午後1時30分から午後4時45分まで

2 訪問地域

 南部地域(蕨市、戸田市)

3 訪問先

(1)特定非営利活動法人 障害者の自立を考えるあしたの会:蕨市

 「楽しく・いきいき!障害者の手作り宅配弁当」~愛されるヘルシー弁当で「やりがい」と「稼ぐ力」を大幅アップ~

(2)戸田市立児童センターこどもの国:戸田市

 「集う・遊ぶ・学ぶ 子育て支援の拠点施設」~子どもを中心とした地域コミュニティのシンボル施設~

(3)京葉流通倉庫株式会社 戸田ロジスティクスセンター:戸田市

 「高度な情報技術による物流サービスと事業所内保育所」~自社開発の情報システムと子育て社員も安心の職場環境づくり~

問合せ先

(各訪問先に関するお問い合わせについては)

 南部地域振興センター 地域振興・産業労働・県民生活担当 佐藤、伊藤

 電話:048-256-1110   E-mail : h561110@pref.saitama.lg.jp

(過去の訪問状況など、とことん訪問の全体に関することについては)

 企画財政部 地域政策課 地域振興担当 田中、三好、中島

 電話:048-830-2775   E-mail : a2760-02@pref.saitama.lg.jp

【訪問先詳細】 

1 特定非営利活動法人 障害者の自立を考えるあしたの会

(1)所在地 蕨市中央7-21-8

(2)訪問時間 午後1時30分から午後2時10分まで

(3)特徴など

 ・ 障害者が地域の中で交流し、貢献できることを目的として、宅配弁当「らくらく」を運営しています。

 ・ 栄養バランスがよく野菜中心のヘルシーメニューのお弁当は、一つ一つ違う柄の手作りナプキンに包み届けられ、毎日食べても飽きない味と地域の人々に愛されています。

 ・ 賃金は、平均月額26,963円(H27年)で、県平均14,198円(H27年)や県目標20,000円(H29年)を上回り、目標の35,000円に向けて活動の場を広げています。

 ・ 訪問先では、作業現場を視察し、代表理事や就労障害者の方々と意見交換を行います。

2 戸田市立児童センターこどもの国

(1)所在地 戸田市本町1-17-7

(2)訪問時間 午後2時25分から午後3時25分まで

(3)特徴など

 ・ 児童用プールを設置し、学童保育室を備え、保育園を併設した、子育て支援の複合施設です。

 ・ 安全で衛生的な室内砂場のほか、図書室、プレイルーム、談話コーナー、中高生の居場所を意識した軽体育室、音楽やダンスの練習ができるスタジオなどを備えています。

 ・ 「森」「丘」「水」「原っぱ」の4つのゾーンを設置し、オリジナリティを創出しています。特に緑化した屋上と広場をつないだ緑の丘はこどもの国のシンボルであり、広い外遊び空間となっています。

 ・ 利用者の約2割は、市外(都内を含む)からと、市内だけでなく、市外の利用者からも親しまれています。

 ・ 訪問先では、施設を視察し、館長や職員の方々と意見交換を行います。 

3 京葉流通倉庫株式会社 戸田ロジスティクスセンター

(1)所在地 戸田市笹目南町7-35

(2)訪問時間 午後3時45分から午後4時45分まで

(3)特徴など

 ・ 昭和41年創業、今期50周年を迎えた地域に根差す物流企業で、日用品や食品、消耗品の物流センターを数多く手掛けています。戸田ロジスティクスセンターは京葉流通倉庫株式会社を代表する旗艦センターです。

 ・ 創業初期から、コンピューターシステムの導入とソフトの開発を始めており、自社開発した高度な情報システムを武器に受注、在庫管理、流通加工、配送までの一連の物流業務を一括受託し、付加価値の高いサービスを提供し ています。

 ・ 荷主のニーズに応じて、現場・事務作業とシステム情報をカスタマイズでき、一度利用すると手放せなくなると荷主から高く評価されています。

 ・ 当センターではビジネス系出版社を中心に約50社の書籍を中心に扱っています。出版社向けのリアルタイム情報システム「K-Web」により、通常1~2週間かかっていた書店への納品を最短3日としました。

 ・ 当センター内には認可保育所を設置。育児中の従業員も安心して働ける環境を整えています。また地域の保育所不足にも貢献しています。

 ・ 訪問先では、1万坪を超える面積を持つ物流の現場・保育所を視察し、社長や社員の方々と意見交換を行います。

県政ニュースのトップに戻る