Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年1月 > 「埼玉グローバル賞」の表彰式を行います―世界への挑戦・未来への投資・地域国際化の3分野―

ここから本文です。

 

発表日:2017年1月26日14時

県政ニュース

「埼玉グローバル賞」の表彰式を行います―世界への挑戦・未来への投資・地域国際化の3分野―

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:多文化共生・NGO担当
担当者名:渋沢

内線電話番号:2715
直通電話番号:048-830-2714
Email:a2705-03@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県は、世界を意識した将来性のある活動や地域の国際化に向けた活動を行っている方に「埼玉グローバル賞」を贈呈し、表彰しています。

 受賞者には、知事から表彰状と副賞が贈られると共に、今後4年間、世界と埼玉をつなぐ懸け橋として活動していただく埼玉親善大使を委嘱します。 

1 表彰式

(1)日時 平成29年2月8日(水曜日)16時10分~16時40分

(2)会場 知事公館 大会議室

(3)その他 当日は知事から表彰状及び副賞を贈呈します。 

2 受賞者及び受賞理由

(1)「世界への挑戦」分野 1団体

株式会社UCHIDA(三芳町)

170126-0101代表取締役 内田 敏一(うちだ としかず) 氏(47歳)

炭素繊維強化プラスチックマニュファクチャラ―

【受賞理由】

 炭素繊維強化プラスチックマニュファクチャラーとして、オートクレーブ成形による製造、国内初最先端プレスシステムを導入。2輪や4輪のレース部品から、宇宙、航空機、医療、産業機器、ロボット、アート分野をはじめとする、次世代の環境へ配慮した分野に挑戦している。

(2)「未来への投資」分野 1団体・1名

 今泉記念ビルマ奨学会(鶴ヶ島市)  

170126-0102会長 今泉 清詞(いまいずみ せいじ)氏(93歳)

ミャンマーからの留学生に対する支援

【受賞理由】

 会長である今泉氏自ら私費を投じミャンマーからの留学生に一人当たり年額数十万円の奨学金を19年間で178人に支給。支援を受けた留学生のうち26人が博士号を取得し、母国や世界各地で活躍している。現在も同国での図書館建設、寺子屋での英語教育支援など活動を継続している。  

 名知 仁子(なち さとこ)氏(狭山市出身 53歳)  

170126-0103医師として国際協力活動を実施

NPO法人「ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会」代表理事

【受賞理由】

 国内の大学病院に11年間勤務した後、国境なき医師団に参加。その後ミャンマーの農村部の村々で巡回診療と保健衛生指導を無料で実施。医療と菜園によって人間の命を考える機会を作り、自らの問題を解決する姿勢を定着させることを使命とする取組を実践している。

(3)「地域国際化」分野 1名

八須(はちす) ナンシー・シングルトン 氏(神川町 60歳)  

170126-0104日本食研究家、フードライター

アメリカ合衆国カリフォルニア州出身

【受賞理由】

 1988年来日。2001年に英語と自然環境の中で子供を育てる教室「サニーサイド・アップ!」を開設。一方、日本の生活、和食に感銘を受け、身近な和食を世界に広める活動を展開。2012年に出版した「Japanese Farm Food」は欧米で高い評価を獲得。ヤマキ醸造(株)に協力、伝統製法にこだわった醤油・味噌づくりの国内外への普及等に協力するなど、日本の田舎暮らしの素晴らしさ、和食の奥深さを広く発信している。 

参考情報

1 埼玉グローバル賞について

 埼玉県とかかわりの深い団体や個人の、世界を意識した将来性のある活動や地域の国際化に向けた地道な活動などを表彰することにより、埼玉県のグローバル化、世界に開かれた埼玉の構築に資することを目的として、平成23年度から実施しています。これまで6団体及び9個人(計15件)を表彰しています。

【表彰分野】 

(1)世界への挑戦

 世界に照準を定め、世界を舞台に活動し、将来の飛躍が期待される活動

(2)未来への投資

 海外で活躍できるグローバル人材の育成、海外諸国の教育や医療などの環境整備等を通じて、未来への投資を行っている活動

(3)地域国際化

 県内における国際交流や国際理解の取組を通じ、地域の国際化を支える人材を育成し地域ネットワークを構築する活動

2 平成28年度応募状況及び選考方法

 ・応募総数 27件

 ・埼玉グローバル賞審査会(平成28年12月5日(月曜日)実施)での審査を経て、埼玉県知事が決定

3 審査委員

◎中本 進一 埼玉大学教授

 オスマン・サンコン ギニア共和国大使館顧問・日本ギニア友好協会広報官

 栗田美和子 (一社)埼玉県経営者協会 副会長、

 (株)クリタエイムデリカ 代表取締役社長

 西原 鈴子 (独)国際交流基金日本語国際センター 所長

 中川 典之 埼玉県県民生活部 副部長

(◎は委員長、敬称略) 

県政ニュースのトップに戻る