Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2017年1月20日16時

県政ニュース

保護者への電子メールの誤送信について

部局名:教育局
課所名:県立学校人事課
担当名:管理指導担当
担当者名:岩井

内線電話番号:6726
直通電話番号:048-830-6726
Email:a6720@pref.saitama.lg.jp

 県立所沢おおぞら特別支援学校において、保護者に災害時の送受信訓練の電子メールを送信する際、誤って保護者のメールアドレスが表示される状態で送信する事故が発生しました。

 現在のところ、個人情報の第三者による不正使用等の事実は確認されていません。 

1 事故の概要

 平成29年1月20日(金曜日)午前8時44分、県立所沢おおぞら特別支援学校の職員が、電子メール送信を希望する保護者を4つ(肢体不自由児童生徒の保護者22名、知的障害小学部児童の保護者113名、中学部生徒の保護者68名、高等部生徒の保護者111名)のグループに分けて、災害時の送受信訓練の電子メールを送信した。その際、誤って各グループそれぞれ1名の保護者のメールアドレスが表示される状態で送信した。

2 個人情報の内容

 4人の保護者のメールアドレス

3 学校の対応

(1)1月20日(金曜日)午前9時27分、登録者全員に電子メールで謝罪するとともに、先に送信した電子メールの削除を依頼した。

(2)1月20日(金曜日)連絡先の表示された保護者に電話で謝罪した。

(3)1月26日(木曜日)から3月3日(金曜日)までの間に開催を予定している障害種及び学部別の保護者会において、校長から事故の説明と謝罪を行う。 

4 再発防止策

 具体的な事例を用いて、情報セキュリティに係る事故防止のための職員研修会を実施するなど、引き続き、全県立学校において個人情報の適正な管理を徹底するよう指示する。

 

県政ニュースのトップに戻る