Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年1月 > 埼玉県環境科学国際センター講演会のプログラムをお知らせします。 今年度のテーマは、「今、災害・事故等に求められる環境研究所の役割」

ここから本文です。

 

発表日:2017年1月17日14時

県政ニュース

埼玉県環境科学国際センター講演会のプログラムをお知らせします。 今年度のテーマは、「今、災害・事故等に求められる環境研究所の役割」

部局名:環境部
課所名:埼玉県環境科学国際センター
担当名:研究企画室
担当者名:田口

直通電話番号:0480-73-8365
Email:g7383312@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県環境科学国際センターでは、毎年、環境に関する試験・研究の成果を、県民の皆様に分かりやすく紹介するため、講演会を開催しています。

(平成28年12月15日報道発表済

 http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/161215-02.html) 

 今年度は、「今、災害・事故等に求められる環境研究所の役割」をテーマに、災害廃棄物問題を中心に、災害や事故などが起きた場合の環境研究所の対応等についてのプログラムを用意しました。

 是非とも御参加ください。 

1 日時 

 平成29年2月3日(金曜日)開場12時、開演13時、終了16時30分

2 場所

 さいたま市民会館うらわ ホール(さいたま市浦和区)

3 プログラム

(1)開会あいさつ(13時00分~13時10分)

  埼玉県環境科学国際センター総長 畠山 史郎 

(2)基調講演(13時10分~14時10分)

『災害廃棄物問題と防災・減災のための学際連携-東日本大震災・原発事故の教訓-』

 東京大学大学院 教授 森口 祐一 氏

 東日本大震災は、日本周辺での観測史上最大の、マグニチュード9.0という巨大地震でした。大津波を伴い、東日本の広い範囲に甚大な被害を与え、原子力発電所の事故を招きました。この大震災に伴う環境問題のうち、災害廃棄物の処理と放射性物質で汚染された廃棄物への対処を中心にとりあげ、専門家の役割の考察を交えつつ、その経過を振り返るとともに、東日本大震災を契機に生まれた防災・減災分野での学際的な連携活動について講演いただきます。 

 (3)ポスター展示の紹介(14時10分~14時25分)

  研究者がポスター展示の見どころを紹介します。 

 休憩(14時25分~14時45分) 

 (4)研究成果・事例発表(14時45分~16時15分)

(1)『アルミ残灰の発熱事故に対する技術的対応』

 資源循環・廃棄物担当 専門研究員 鈴木 和将

 平成22年5月、空き地の穴の底に溜まっていた水とアルミ残灰が反応して熱が発生し、アンモニアを含む水蒸気が多量に発生し近隣の世帯まで悪臭が漂うという事故が起きました。この事故に対する事故直後の初動対応とその後に実施した技術的対応について紹介します。

(2)『県内における水質事故と環境科学国際センターの取り組み-事故対応を支援する分析技術の紹介-』

 水環境担当 専門研究員 柿本 貴志

 水質事故は、人への健康被害、水生生物や生活環境への悪影響を及ぼすおそれがあります。県内で発生している水質事故の概要や水質事故が発生した際の対応などについて紹介します。

(3)『県内河川における浸透性殺虫剤の汚染実態-ネオニコチノイド系殺虫剤とフィプロニルについて-』

 化学物質担当 主任研究員 大塚 宜寿

 ネオニコチノイド系殺虫剤を代表とする浸透性殺虫剤は吸汁性や食害性の害虫に効果的に作用しますが、一方で害虫でない昆虫に対する悪影響が心配されるようになってきました。環境汚染物質としての関心が高まりつつあるこの殺虫剤について、県内河川における汚染実態について紹介します。

(5)閉会あいさつ(16時15分~16時20分)

 埼玉県環境科学国際センター研究所長 村上 正吾 

(6)ポスター展示(12時00分~16時30分)

 環境科学国際センターで展開している、試験研究や環境学習活動を紹介するポスターを展示しています。

 また、次の時間帯には研究員等がポスターの内容を分かりやすく解説するとともに参加の皆様の質問にお答えします。

(1) 12時00分~13時00分(開演前)
(2) 14時25分~14時45分(休憩時間)
(3)講演会終了後~16時30分

4 参加費

 無料

5 対象

 どなたでもご参加いただけます。定員450名(事前申込順)

6 申込方法

FAXの場合

 当センターホームページ内の講演会チラシの裏面をプリントアウトして、参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX(0480-70-2031)でお送りください。

 ・埼玉県環境科学国際センターホームページ

 http://www.pref.saitama.lg.jp/cess/index.html

はがき、電子メールの場合

 はがき、電子メールに「氏名、ふりがな、団体・会社・学校名等、住所(市町村名)、電話番号」をご記入の上、以下の送付先へお申し込みください。

 ・送付先

<はがきの場合>

 〒347-0115 埼玉県加須市上種足914

 埼玉県環境科学国際センター 研究企画室あて

<電子メールの場合>

 電子メール:g7383312@pref.saitama.lg.jp

申込期限

 平成29年1月27日(金曜日)

 はがきの場合は、消印有効

県政ニュースのトップに戻る