Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年1月 > 理化学研究所仁科加速器研究センター 超重元素研究グループに「彩の国学術文化功労賞」を贈呈

ここから本文です。

 

発表日:2017年1月27日14時

県政ニュース

理化学研究所仁科加速器研究センター 超重元素研究グループに「彩の国学術文化功労賞」を贈呈

部局名:県民生活部
課所名:広聴広報課
担当名:魅力発信担当
担当者名:尾崎・川脇

内線電話番号:3192
直通電話番号:048-830-3192
Email:a2840-15@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県は、新元素を発見しその名称を命名した「理化学研究所仁科加速器研究センター超重元素研究グループ」に「彩の国学術文化功労賞」を贈呈します。 

贈呈式概要

1 日時

 平成29年1月31日(火曜日)16時10分~16時30分 

2 場所

 知事室 

3 内容

 「彩の国学術文化功労賞」贈呈、記念撮影、懇談 

4 出席者

 理化学研究所仁科加速器研究センター

 延與秀人 センター長

 森本幸司 超重元素分析装置開発チームリーダー 

参考

彩の国学術文化功労賞

 学術文化の分野において国内外で高く評価される功績を挙げ、広く県民に夢と希望を与えた個人・団体を対象に表彰することにより、県民意識の高揚と彩の国さいたまのイメージ向上を図ることを目的としている。 

 (これまでの受賞者・受賞団体:2人・1団体)

 平成21年 北村薫氏(作家)

 平成26年 さいたまゴールド・シアター

 平成28年 荻原浩氏(作家)

理化学研究所仁科加速器研究センター超重元素研究グループ

 2003年に実験を開始し、2004年に初めて113番目の元素を人工的に作り出すことに成功した。その後2015年12月に、正式に新元素として認定され、その命名権が本グループに与えられた。2016年11月、新元素の名称が「ニホニウム(Nh)」に決定。

 新元素を発見し、その名称を命名したのは、日本、アジアを通じて初めてのこと。

県政ニュースのトップに戻る