Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年12月 > 精神医療審査会における法定要件を満たさない状況での開催について

ここから本文です。

 

発表日:2016年12月26日15時

県政ニュース

精神医療審査会における法定要件を満たさない状況での開催について

部局名:福祉部
課所名:精神保健福祉センター
担当名:精神保健福祉部
担当者名:森、広沢

直通電話番号:048-723-3333
Email:a231445@pref.saitama.lg.jp

 県立精神保健福祉センターでは、精神科病院での入院継続や処遇などが適当であるかどうかを審査する「埼玉県精神医療審査会」(以下「審査会」という。)の事務を所管しています。

 他県において「県精神医療審査会が法令の定める出席委員の定足数を満たさないまま開催されていた」と公表したことを踏まえ、本県においても確認を行ったところ、同様の状態で開催した審査会があることが判明しました。

1 概要と経緯

 (1) 審査会での審査は、委員5名で構成する合議体で行います。委員の分野(精神障害者医療、精神障害者保健福祉及び法律の学識経験者)ごとに1名以上の出席が開催にあたっての要件となっています。

 (2) 他県の公表を踏まえ、担当者が改めて確認したところ、委員は3名以上出席しているものの、保健福祉または法律の分野の委員が出席していない状態で開催した審査会があることが判明しました。

 (3) このような審査会は、文書の保存期間であり開催状況を確認できる平成23年度から平成28年11月までに264回中44回ありました。

【審査会の開催状況】

年度

23

24

25

26

27

28

合計

開催回数

47

48

47

46

46

30

264

うち定足数不足

10

11

 5

 9

 7

 2

 44

2 当該審査案件への対応

 (1) 入院患者からの退院請求等の案件を最優先に、再審査を行います(78件)。

 (2) 精神科病院からの報告案件は、直近の案件から再審査を行います(12,087件)。

3 再発の防止について

 (1) 正しい法令解釈、関係法令の遵守を徹底します。

 (2) 委員の欠席により開催要件を欠くことのないよう事前の出席の確認を徹底

します。

【精神医療審査会について】

・ 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第12条に基づき都道府県及び政令市が設置する機関。

・ 精神障害者の人権に配慮しつつ適正な医療及び保護を確保するために、精神科病院に入院している精神障害者の処遇等について、入院の必要があるかどうか、又はその処遇が適当であるかどうかに関し専門的かつ独立的な審査を行う。

・ 埼玉県の審査会の委員数は22名(合議体を構成する委員20名、合議体を構成しない委員(予備委員)2名)。

・ 審査の案件は、

    ①精神障害者の医療に関し学識経験を有する者(精神保健指定医)、

    ②精神障害者の保健又は福祉に関し学識経験を有する者(精神保健福祉士等)、

    ③法律に関し学識経験を有する者(弁護士等)

 の区分から構成する5人の委員の合議体で取り扱う。

・ 埼玉県は4つの合議体を設置、合議体の構成は、①医療委員3名、②保健福祉委員1名、③法律委員1名。

・ 1合議体につき、毎月1回開催。

県政ニュースのトップに戻る