Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2016年12月17日16時

県政ニュース

第10回塙保己一賞表彰式を開催しました!!

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:社会参加推進・芸術文化担当
担当者名:安永・白駒

内線電話番号:3311
直通電話番号:048-830-3309
Email:a3310-02@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では「塙保己一賞」を設け、江戸時代の偉人である塙保己一にちなみ、障害がありながらも不屈の精神で社会的に顕著な活躍をされている方々などを表彰しています。

 12月17日(土曜日)、塙保己一の生家に近い本庄市児玉文化会館セルディにおいて、「第10回塙保己一賞表彰式」を開催しました。

 当日は、表彰式のほか、オープニングイベントや記念コンサートを行いました。記念コンサートでは、奨励賞を受賞した踊正太郎さんが、民謡歌手の佐々木理恵さん、邦楽打楽器奏者の田辺三花さんとの共演により、津軽三味線を奏で、会場を魅了しました。 

<第10回塙保己一賞表彰式>

1 受賞者(敬称略、年齢は平成28年4月1日現在)

大賞

 竹内 昌彦(たけうち・まさひこ)氏(71歳 岡山県岡山市)

奨励賞

 踊 正太郎(よう・しょうたろう/本名:進藤正太郎)氏(39歳 茨城県石岡市)

貢献賞

 岡村 原正(おかむら・もとまさ)氏(63歳 埼玉県戸田市)

第10回特別賞

 新井 淑則(あらい・よしのり)氏(54歳 埼玉県秩父郡皆野町) 

2 受賞者挨拶

竹内 昌彦 氏(大賞)

 大賞に選んでくださり、ありがとうございます。

 私の人生には二つの大きな不運がありました。一つは失明したことであり、もう一つは長男が重い脳性小児麻痺という病気で、その子を7歳で亡くしたことでした。

 しかし、それらを埋めて余りあるほどの幸運にも恵まれました。それはすばらしい親と教師と仲間に囲まれたことでした。

 これらの人達への感謝を海外の視覚障害者の上に広げたいと思い、モンゴルとキルギスに小さな視覚障害者の自立を助ける盲学校を創りました。そして今は、貧しい国の目の不自由な子供の目を治す手術費を送る活動を始めています。5万円ほどあれば、彼らの目は視力を取り戻すことができます。すでに30人の子供達に見える人生をプレゼントしました。

 この賞をいただいたことをきっかけに、「ひかりのおくりもの基金」を立ち上げます。皆様の善意を集め、世界中の子供たちの目に光をプレゼントしたいと願っています。

踊 正太郎 氏(奨励賞)

 学生時代、先生からマッサージ師と演奏家の「二足の草鞋」を履くように奨められましたが、私は「芸一本で生きる」と決意し、卒業後、青森県の名人の下で修行をしました。

 私の生きる道は、音の世界にあると信じ、迷わず邁進して参りました。多くの方々に応援を頂きながら、お陰様で三味線一筋33年になります。

 芸事は、「これでよし」という終わりのない世界です。ますます精進し、全国、世界へと発信し続けてまいります。

 皆様には心より感謝を申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

岡村 原正 氏(貢献賞)

 この度は栄えある賞に選んでいただき、ありがとうございます。

 点字の事を少しお話します。ルイ・ブライユが点字を発明して100年が過ぎました。

総務省の平成18年の調査で視覚障害者の方は約31万人います。そのうち点字使用者は、12.7%の約4万人と言われています。いまの効率優先の社会で、日本の人口1億2千万人の内の4万人という数が「点字より音声化で良いのでは。」という意見に繋がっていきます。

 点字は文化です。読んで書けてこその文字です。先人達の血の滲むような努力で点字での投票や入試、資格試験を勝ち取って来ました。

 もし塙保己一検校の時代に点字が有ったなら、検校はどんな仕事を新たに成し遂げていただろうかと、とてもわくわくします。どうか皆さん点字を守ってください。 

新井 淑則 氏(第10回特別賞)

 私は28歳で網膜剥離を発症し、34歳で全盲となりました。

 眼科的リハビリテーションや復職訓練を経て、平成11年に養護学校に復職、盲学校から、平成19年、上田知事のご尽力により長瀞中学校に異動することができました。現在は母校の皆野中学校で勤務しています。

 ノーマライゼーション・教育ネットワークも20周年をむかえました。今後とも学校からノーマライゼーション・共生社会の実現にむけて、微力ながら尽力していく所存です。ありがとうございました。

3 来場者

 約550名 

4 その他

 受賞者や表彰式の概要は、11月17日(木曜日)「県政ニュース」をご覧ください。

 URL:http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/161117-04.html 

県政ニュースのトップに戻る