Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年12月 > 県立歴史と民俗の博物館 新年開館初日スタートの企画展「祝いの民俗-ハレの造形-」と正月イベントについて

ここから本文です。

 

発表日:2016年12月15日14時

県政ニュース

県立歴史と民俗の博物館 新年開館初日スタートの企画展「祝いの民俗-ハレの造形-」と正月イベントについて

部局名:教育局
課所名:歴史と民俗の博物館
担当名:展示担当
担当者名:内田・戸邉

直通電話番号:048-645-8171
Email:m410890@pref.saitama.lg.jp

 県立歴史と民俗の博物館では、平成29年は1月2日(月曜日)から開館します。

 1月2日(月曜日)には企画展「祝いの民俗-ハレの造形-」が会期初日を迎えます。

 正月などの季節の節目、初誕生や婚礼など人生の節目などの埼玉県の伝統的な祝いの姿を、特別に作られた衣装や飾り、贈答品などの造形物によって紹介します。

 また、1月2日(月曜日)と1月3日(火曜日)の2日間は正月イベント「博物館でお正月」を実施します。常設展示室内でのクイズ・ラリーや、ゆめ・体験ひろばでのお正月遊びなど、子供から大人までお楽しみいただける内容です。 

企画展「祝いの民俗-ハレの造形-」の見どころ

1 祝いの意匠

 日本の伝統的な祝いの意匠として様々なものに用いられる宝船・松竹梅、鶴亀について、水引、菓子木型、神酒の口など、当館が所蔵する様々な資料によって紹介します。

2 謹賀新年

 お正月の展示にふさわしく、正月飾りや新年の干支である酉を題材とした各地の郷土玩具、各商店が年末年始に顧客に配布した明治~大正期のチラシである正月引札などを展示します。

3 人生の節目と祝い

 誕生、成長、婚礼、長寿などの祝いについて、衣装や贈答品などによって紹介します。男子の成長を祝って行われる川越市の県指定無形民俗文化財「ほろ祭」の用具と衣装をはじめ、雛人形や鯉幟、婚礼衣装などを展示します。

4 企画展の概要

【会期】 平成29年1月2日(月曜日)~2月12日(日曜日)

【休館日】 月曜日(ただし、1月2日・1月9日は開館します)

【開館時間】 9時~16時30分(入館受付は16時まで)

【会場】 県立歴史と民俗の博物館 特別展示室

【観覧料】 一般400円、高校生・学生 200円

 20名以上の団体、一般250円、高校生・学生150円

 ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

 ※リピーター割引あり(次回来館時の観覧料が団体割引料金)

【アクセス】 東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅下車、徒歩5分

 ※駐車台数に限りがあります(18台)。公共交通機関を御利用ください。

【後援】 埼玉新聞社、テレ玉、FM NACK5 

正月イベント「博物館でお正月」

 お正月だけの特別イベントを開催します。参加者には記念品をプレゼントします。

お正月の遊び(午前9時~12時、午後1時~4時)

 2日は「福笑い」、3日は「投扇興」で遊んでみよう!

クイズ・ラリー(午前9時~午後4時)

 常設展示室をまわってクイズに答えよう!

裏方探検隊 (午後1時30分~午後2時)

 普段は見ることのできない、博物館の裏側を探検しよう!

 また、期間中に展示室を御見学いただいた皆様に、宝船の摺物を進呈します(なくなり次第終了)。

【開催日時】 平成29年1月2日(月曜日)・1月3日(火曜日)

 時間はイベントにより異なります(お正月の遊びとクイズ・ラリーの受付は、終了時間の30分前まで)

【会場】 県立歴史と民俗の博物館 常設展示室、ゆめ・体験ひろば

【料金】 「クイズ・ラリー」と「裏方探検隊」は常設展示観覧料が必要

 一般300円、高校生・学生150円

 ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

 

 詳細については、詳細はホームページ 埼玉県博 で検索してください。

 http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?page_id=249

県政ニュースのトップに戻る