Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年12月 > 大宮公園小動物園 高病原性鳥インフルエンザへの対策について

ここから本文です。

 

発表日:2016年12月9日15時

県政ニュース

大宮公園小動物園 高病原性鳥インフルエンザへの対策について

部局名:都市整備部
課所名:大宮公園事務所
担当名:管理担当
担当者名:横山 大熊

直通電話番号:048-641-6391
Email:m416391@pref.saitama.lg.jp

   大宮公園の小動物園では、国内での高病原性鳥インフルエンザの発生を踏まえ、12月10日(土曜日)から当面の間、予防対策としてフライングケージ(鳥類展示施設)を閉鎖することといたしました。

 楽しみにされている方々におかれましては、大変申し訳ありませんが、御理解のほどよろしくお願いいたします。

 なお、営業時間の変更はありません。

 ぜひ小動物園にお越しください。 

 ●主な内容

 フライングケージ(鳥類展示施設)の閉鎖

(営業案内)

 1 開園時間 10時00分~16時00分

 2 休園日 毎週月曜日(ただし、月曜が祝日の場合は開園)

                 年末(12月29日~31日)

 

県政ニュースのトップに戻る