Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年12月 > 熟練の技、伝統を守る心を顕彰 技術者4人・産地振興の1人を決定 5日式典

ここから本文です。

 

発表日:2016年12月1日14時

県政ニュース

熟練の技、伝統を守る心を顕彰 技術者4人・産地振興の1人を決定 5日式典

部局名:産業労働部
課所名:観光課
担当名:観光・物産振興担当
担当者名:星野、田丸

内線電話番号:3955
直通電話番号:048-830-3955
Email:a3950@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では、「岩槻人形」、「行田足袋」、「小川和紙」、「春日部羽子板」など県指定の伝統的手工芸品の製造に従事する技術者のうち、優れた技術を有する方を「埼玉県伝統工芸士」として認定しています。また、長年にわたり伝統的技術の継承や後継者の指導育成等に尽力し、産地の振興に貢献されてきた方を「伝統的手工芸品産業産地功労者」として表彰しています。

 平成28年度は、県伝統工芸士として4名の方を認定し、産地功労者として1名の方を表彰することが決定しました。 

本施策の主な特徴

1 埼玉県伝統工芸士について

・ 県指定の伝統的手工芸品(20産地30品目)の製造に従事している技術者のうち、高度の技術・技法を保持する方に対して、称号を授与する制度です。

・ 平成5年度から認定事業を実施し、平成27年度までに213名(うち現役は181名)の方を認定しました。

2 埼玉県伝統的手工芸品産業産地功労者表彰について

・ 伝統的手工芸品を製造する産地の振興に尽力した方の功績を顕彰します。

・ 昭和51年度から事業を実施し、平成27年度までに413名の方を表彰しました。

本施策の概要

1 開催日時・場所

 日時:平成28年12月5日(月曜日)午前10時20分~10時50分

 場所:知事公館中会議室 

2 平成28年度認定 埼玉県伝統工芸士 

※( )内は工芸品名/推薦団体

(1)野口 正己(のぐち まさみ) (岩槻人形/岩槻人形協同組合)

(2)田中 正昭(たなか まさあき) (岩槻人形/岩槻人形協同組合)

(3)荒井 ふじ子(あらい ふじこ) (行田足袋/行田商工会議所)

(4)久保 祐樹(くぼ ゆうき) (小川和紙(細川紙)/埼玉県小川和紙工業協同組合)

3 平成28年度表彰 埼玉県伝統的手工芸品産業産地功労者

 ※( )内は工芸品名/推薦団体

(1)加藤  吉(かとう けんきち) (春日部押絵羽子板/春日部押絵羽子板組合)

4 式典の内容

・今回認定する埼玉県伝統工芸士4名に、知事から認定証の交付を行います。

・今回表彰する功労者1名に、知事から表彰状を授与します。

・今回認定する工芸士が製作した作品を会場内に展示し、本県の伝統的手工芸品をPRします。

県政ニュースのトップに戻る