Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年10月 > 県立近代美術館「MOMAS(モマス)コレクション第3期」を開催

ここから本文です。

 

発表日:2016年10月18日14時

県政ニュース

県立近代美術館「MOMAS(モマス)コレクション第3期」を開催

部局名:教育局
課所名:近代美術館
担当名:常設展・収蔵品担当/教育・広報担当
担当者名:鴫原/落合

直通電話番号:048-824-0110
Email:p240111@pref.saitama.lg.jp

 県立近代美術館では、10月22日(土曜日)から1月15日(日曜日)まで、「MOMASコレクション第3期」を開催します。

 「MOMASコレクション」は、県立近代美術館の収蔵作品を中心とした展示プログラムです。従来の常設展の枠を越えた新しい試みに取り組み、特別プログラムを交えた展示を年4回に分けて行っています。

 今回開催する第3期では、シャガールやデルヴォーといった海外の巨匠や、草間彌生や荒川修作などの現代作家、そして瑛九や須田剋太、橋本真之など埼玉県ゆかりの作家の作品をご紹介します。

※「MOMAS」は埼玉県立近代美術館(The Museum of Modern Art, Saitama)の略称です。 

1 会期

 平成28年10月22日(土曜日)~平成29年1月15日(日曜日)

 開館時間:10:00~17時30分(展示室への入場は17時00分まで)

 休館日:月曜日(11月14日、1月9日は開館)、年末年始(12月26日~1月3日) 

2 会場

 県立近代美術館 1階展示室

 (さいたま市浦和区常盤9-30-1 電話048-824-0111) 

3 観覧料

 一般200円(120円)、大高生100円(60円)

 ※( )は20名以上の団体料金です。※当日のみ再入場ができます。

 ※中学生以下及び障害者手帳を御提示の方(付き添い1名を含む)は無料です。

 ※企画展観覧券をお持ちの方は、併せてMOMASコレクションも御覧いただけます。

 ※11月6日(日曜日)〔「彩の国教育週間」中の日曜日〕及び11月14日(月・県民の日)はMOMAS

 コレクション観覧料が無料となります。

4 出品予定作品数

 合計60点[油彩画ほか21点、ドローイング30点、彫刻9点] 

5 展示テーマ

 (1) セレクション:デルヴォーとか瑛九とか

 シュルレアリスムの画家ポール・デルヴォーをはじめとする西洋近代の作品の数々に、日本近代の画家の作品を交えて紹介します。

 出品作家:ジョルジュ・ルオー、レオナール・フジタ、マルク・シャガール、ポール・デルヴォー、瑛九、田中保など

 (2) 絵画と彫刻の間(あわい)

 絵画と彫刻のあいだには、果たして本当に明確な線引きが存在するのか、収蔵品の展示を通して考えます。

 出品作家:草間彌生、荒川修作、最上壽之、須田剋太など

 (3) 橋本真之《果実の中の木もれ陽》これまで/これから

 「増殖・成長する作品」というコンセプトのもと、これまで二度の増殖を経て変貌を遂げてきた《果実の中の木もれ陽》について、作家のイメージ・ドローイングを通して成長の軌跡をたどります。 

6 関連イベント

 (1) 橋本真之《果実の中の木もれ陽》公開制作

 北浦和公園に設置されている橋本真之《果実の中の木もれ陽》が、作家の手により更にかたちを変化させていく様子を、自由に観覧できます。

 日時:11月15日(火曜日)~11月30日(水曜日)10時00分~16時00分 (自由観覧)

 ※土曜日、日曜日及び11月25日(金曜日)は作業を行いません。

 ※荒天時は、制作作業を中断・延期する場合があります。

 場所:北浦和公園(レストラン・ペペロネ前)

 (2) 橋本真之スペシャル・トーク

  11月に公開制作を行う《果実の中の木もれ陽》について、イメージ・ドローイングを前に作家自身が解説します。

 日時:10月22日(土曜日)16時00分~16時50分

 場所:1階展示室/費用:MOMASコレクション観覧料が必要です。

 (3) サンデー・トーク

 会期中に月1回、学芸員が展示作品から1点を選んで解説します。

 場所:1階展示室/費用:MOMASコレクション観覧料が必要です。

 ア 11月6日(日曜日)13時00分~13時30分

 作品:瑛九《花》1956年

 担当学芸員:梅津元

 イ 12月18日(日曜日)15時00分~15時30分

 作品:モーリス・ドニ《シャグマユリの聖母子》1925年

 担当学芸員:平野到

 ウ 1月15日(日曜日)15時00分~15時30分

 作品:大浦一志《杉並区阿佐ヶ谷南3丁目23-13⇔普賢岳「再立」》1995年

 担当学芸員:中村誠

 (4) 美術館サポーターによる作品ガイド

  10月22日(土曜日)、23日(日曜日)を除く会期中の毎日14時00分から30分程度、美術

  館サポーター(ガイド・ボランティア)が展示作品について解説します。

 場所:1階展示室/費用:MOMASコレクション観覧料が必要です。 

7 主催等

  主催:県立近代美術館、協力:JR東日本大宮支社

8 交通案内

 JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)。JR東京駅、新宿駅から北浦和駅まで、それぞれ約35分。

 当館に専用駐車場はありませんが、提携駐車場「三井のリパーク埼玉県立近代美術館東」では駐車料金の割引があります(企画展観覧で300円引き、MOMASコレクション観覧で100円引き)。団体バスは事前に御相談ください。お体の不自由な方の御来館には業務用駐車場を提供いたします。ただし台数に限りがありますので予め御了承ください。 

【お問合せ先】

 県立近代美術館常設展・収蔵品担当 鴫原(電話:048-824-0110) 

【参考情報】

 県立近代美術館

 ホームページ:http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

 公式Twitter:https://twitter.com/momas_kouhou

 公式Facebook:https://www.facebook.com/momaspr

 公式YouTube:https://www.youtube.com/user/momasjp

県政ニュースのトップに戻る