Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年7月 > こども動物自然公園 ミナミジサイチョウとサイチョウが巣箱から出てきました。

ここから本文です。

 

発表日:2016年7月28日14時

県政ニュース

こども動物自然公園 ミナミジサイチョウとサイチョウが巣箱から出てきました。

部局名:こども動物自然公園指定管理者
課所名:公益財団法人埼玉県公園緑地協会
担当名:こども動物自然公園
担当者名:小山 髙木 小林

直通電話番号:0493-35-1234
Email:zoo@parks.or.jp

 こども動物自然公園(園長 田中理恵子)では、4月13日(水曜日)にミナミジサイチョウのヒナが誕生し、7月2日(土曜日)に巣箱から出てきました。

 また、4月20日(水曜日)にはサイチョウのヒナが誕生し、7月16日(土曜日)に巣箱から出てきました。

 ミナミジサイチョウの国内での繁殖成功は当園だけで7回目となります。また、サイチョウは国内では当園を含め2動物園が繁殖に成功しており、当園では2回目となります。

 ミナミジサイチョウ及びサイチョウを展示している動物園は少なく、ヒナを観察できる機会はとても貴重です。是非、皆様お誘い合せの上、御来園ください。

 

ミナミジサイチョウ

 アフリカのサバンナに棲息する鳥で、サイの角のような突起がくちばしについているサイチョウの仲間では最も大型の種類です。

 ミナミジサイチョウの「ジ」は、地面を歩くことが多いことに由来します。羽を広げると2m近くもあり、その羽ばたきは大変迫力があります。

 営巣できる大木の減少や生息地の開発により絶滅の危機にあります。

 両親は平成11年(1999年)に来園しました。

 

 英名:Southern Ground-hornbill

 学名:Bucorvus leadbeateri

 分類:サイチョウ目ジサイチョウ科

 分布:アフリカ南東部

 生息環境:サバンナ

 サイズ:体長約90~100cm、体重2.2~6.2kg

 

サイチョウ

 東南アジアの熱帯雨林に生息する大型の鳥で、羽を広げると150cmにもなります。 

 繁殖は、メスが大木の樹洞に3か月間こもり産卵や子育てをします。ヒナが巣立つまでには産卵から4か月かかります。

 熱帯雨林の伐採によってその数を減らし、生息地では保護活動が続けられています。

 両親は平成17年(2005年)に来園しました。

 英名:Rhinoceros Hornbill

 学名:Buceros rhinoceros

 分類: サイチョウ目サイチョウ科

 分布:タイ南部、マレー半島、スマトラ島、ボルネオ島

 生息環境:熱帯雨林

 サイズ:体長80-90cm、体重2-3kg

 

利用案内

1 開園時間

 9時30分~17時00分

(入園は、閉園の1時間前まで)

2 休園日 

 毎週月曜日(ただし、月曜が祝日の場合は開園)

 ※ 8月15日(月曜日)は開園します。

3 入園料 

 大人(高校生以上) 510円(団体410円)

   小人(小・中学生) 210円(団体170円)

※ 小学校就学前・障害者手帳をお持ちの方は無料

【参考資料:写真(PDF:227KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。