Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年7月 > 下水汚泥から発生するガスを活用した発電事業が開始されます(荒川左岸北部流域下水道元荒川水循環センター)

ここから本文です。

 

発表日:2016年7月25日14時

県政ニュース

下水汚泥から発生するガスを活用した発電事業が開始されます(荒川左岸北部流域下水道元荒川水循環センター)

部局名:下水道局
課所名:下水道事業課
担当名:エネルギー担当
担当者名:矢島、大野

内線電話番号:5464
直通電話番号:048-830-5466
Email:a5448-05@pref.saitama.lg.jp

 下水道局は下水汚泥の減容化等を目的として、汚泥消化槽の建設を進めています。汚泥消化槽では汚泥を減容化する過程で、メタンガスを主成分とする消化ガス(再生可能エネルギー)が発生します。このガスを民間事業者に供給し、固定価格買取制度を活用した発電事業が開始されます。

1 発電事業者

 氏名:株式会社大原鉄工所 東京支店

 住所:東京都文京区白山2-29-4泉白山ビル5階

2 事業の概要

(1)場所

 元荒川水循環センター内(桶川市)

(2)スケジュール

 設計・建設 平成28年7月25日から平成31年3月31日まで

 発電事業 平成31年4月1日から平成51年3月31日まで

(3)規模

 発電機設備総容量400kW

 (年間発電予定量270万kWh(一般家庭500世帯相当))

(4)二酸化炭素の削減効果

 年間1,300トンの削減(一般家庭240世帯相当)

 

 [参考資料]消化ガス発電スキーム図(PDF:678KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。