Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2016年7月22日14時

県政ニュース

行政書士に対する懲戒処分について

部局名:企画財政部
課所名:市町村課
担当名:行政担当
担当者名:瀧澤 永里

直通電話番号:048-830-2682
Email:a2670-01@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県知事は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号。以下「法」という。)に基づき、下記のとおり行政書士に対する懲戒処分を行いました。

 

 

1 処分を受けた行政書士

(1)氏名

 田上 希典(たがみ まれすけ)

(2)事務所の名称

 たがみ行政書士事務所

(3)事務所の所在地

 埼玉県所沢市緑町一丁目1番11号 新所沢グリーンハイツ419

(4)行政書士の登録番号

 第09130853号

 

2 処分の内容

(1)処分をした年月日

 平成28年7月13日

(2)処分の内容

 6月間の業務の停止(平成28年7月27日から平成29年1月26日まで)

(3)処分の根拠

 法第14条第2号

(4)処分の原因となった事実

 当該行政書士については、法第14条の3第1項の規定に基づき知事に対して適当な措置をとることの求め(以下「措置請求」という。)があったので、調査をしたところ、次のような事実が認められた。

ア 当該行政書士は、受任から約1か月を経過した風俗営業法の届出業務について依頼者から解約を求められたにもかかわらず、十分な説明のないまま更に必要経費を請求するなど誠実に対応しなかった。また、受任から約1年を経過した告訴状の代書業務について依頼者から解約を求められたにもかかわらず、預かった証拠品を返却しないなど誠実に対応しなかった。これは、法第10条(信用・品位確保義務)の規定に違反する。

イ 当該行政書士は、依頼者から報酬を受けたにもかかわらず、領収証を交付しなかった。これは、行政書士法施行規則第10条(領収証の交付義務)の規定に違反する。

ウ 県は、措置請求及び業務の遂行について寄せられた多数の苦情について、事実関係を調査するため、平成28年1月から5月までの間、6回にわたり法第13条の22第1項に基づく立入検査を試みた。しかし、当該行政書士は正当な理由なくこれに応じず、事実関係の調査を困難ならしめた。これは、法第10条(信用・品位確保義務)の規定に違反する。

エ よって、以上のことは、法第14条(行政書士に対する懲戒)の規定に該当するものである。

県政ニュースのトップに戻る