Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年7月 > 危険ドラッグ撲滅を目的とした啓発活動を実施します―危険ドラッグ撲滅特別強化期間におけるキャンペーンの実施について―

ここから本文です。

 

発表日:2016年7月15日14時

県政ニュース

危険ドラッグ撲滅を目的とした啓発活動を実施します―危険ドラッグ撲滅特別強化期間におけるキャンペーンの実施について―

部局名:保健医療部
課所名:薬務課
担当名:薬物対策担当
担当者名:大林

内線電話番号:3634
直通電話番号:048-830-3633
Email:a3620-07@pref.saitama.lg.jp

 平成26年6月に池袋で発生した危険ドラッグ乱用者による交通死傷事故を発端として、県では「埼玉県薬物の濫用の防止に関する条例(平成27年4月1日施行)」を制定するなど、違法薬物の乱用防止に向けた取組を強化しています。

 そのこともあり、現在、県内の危険ドラッグ販売店舗は0となり、表面上危険ドラッグの乱用は沈静化しています。

 しかし、インターネット等を利用してより摘発されにくい販売形態が横行している実態があり、また個人が危険ドラッグを海外から輸入して摘発される事例が後を絶ちません。

 そこで、県では広く県民に危険ドラッグの撲滅を訴えるため、国において「危険ドラッグ」という呼称を定めた7月22日を含む1週間を本県独自に「危険ドラッグ撲滅特別強化期間」と定め、啓発キャンペーンを集中的に実施することとしました。

 期間中、県内繁華街周辺などにおいて、関係機関と協力して下記のとおり啓発活動を行います。

 

1 危険ドラッグ撲滅強化期間

 平成28年7月17日(日曜日)~7月23日(土曜日)

 

2 啓発活動実施場所(日付順)

 

日時

場所

協力機関

平成28年7月17日(日曜日)

午後4時~7時

埼玉スタジアム2○○2

県政PRブース内

 

平成28年7月19日(火曜日)

午後5時~午後6時

大宮駅西口デッキ及び東口周辺

(一社)埼玉県薬剤師会、

埼玉県警察本部ほか

平成28年7月22日(金曜日)

午後3時~午後4時

川口駅ペデストリアンデッキ

川口市、川口警察署、川口保健所管内薬物乱用防止指導員協議会、

平成28年7月23日(土曜日)

午後3時~午後4時

大江戸新座祭り会場

新座市

 

 

3 実施内容

(1)横断幕、のぼり、パネル等の掲示

(2)リーフレット等の啓発資材の配布

(3)危険ドラッグ等不正薬物の啓発に係る声掛け

(4)薬物に関するアンケート調査

 

4 県民の皆様へ

 「危険ドラッグ」は、使用をやめられなくなったり、死亡例を含む健康被害や異常行動を引き起こすことがあり、麻薬、覚醒剤及び大麻と同様に大変危険な薬物です。決して使用しないでください。

県政ニュースのトップに戻る