Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年7月 > さいたま文学館テーマ展―埼玉来訪100年記念―「宮沢賢治 秩父路を行く」の開催について

ここから本文です。

 

発表日:2016年7月14日14時

県政ニュース

さいたま文学館テーマ展―埼玉来訪100年記念―「宮沢賢治 秩父路を行く」の開催について

部局名:教育局
課所名:生涯学習文化財課
担当名:さいたま文学館駐在
担当者名:大明

直通電話番号:048-789-1515
Email:mail@saitama-bungakukan.org

 さいたま文学館では、7月23日(土曜日)からテーマ展「宮沢賢治 秩父路を行く」を開催します。この展覧会では、宮沢賢治の生誕120年と埼玉来訪100年を記念して、宮沢賢治と埼玉とのゆかりを紹介します。 

展示の概要

1 趣旨

 宮沢賢治は、詩人・童話作家として大変よく知られています。その賢治が、今から100年前の大正5年に埼玉県を訪れました。当時、賢治は盛岡高等農林学校の2年生で、地質学に関する校外学習の「地質旅行」に参加して、現在の熊谷市・寄居町・長瀞町・皆野町・小鹿野町・秩父市にわたる地域を恩師や級友らと旅しました。

 今回のテーマ展では、賢治の代表作『春と修羅』の初版本、賢治が秩父路の旅で詠んだ短歌を掲載した盛岡高等農林学校の『校友会会報』の原本などの貴重な資料を展示するとともに、戦前の絵葉書や鳥瞰図などにより賢治が旅したルートをたどり、埼玉とのゆかりを探ります。 

2 会期

 平成28年7月23日(土曜日)から9月4日(日曜日)まで

 ※ 休館日:月曜日、第4火曜日(7月26日・8月23日) 

3 会場

 さいたま文学館 企画展示室

 (桶川市若宮1-5-9) 

4 開館時間

 午前10時から午後5時30分まで(入館は午後5時まで) 

5 観覧料

 一般210円 学生・生徒100円

 (中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料)

6 展示構成

(1)宮沢賢治の生涯

(2)盛岡高等農林学校と宮沢賢治

(3)大正5年の地質旅行

(4)賢治が歩いた埼玉の風景

  展示資料点数(写真出品を含む) 112点 

7 関連事業

(1)解説講座「宮沢賢治 秩父路を行く」

 日時:平成28年8月6日(土曜日)14時00分~15時30分

 内容:担当学芸員によるトーク(約60分)と埼玉県企画短編映画「100年の時を超えて ~秩父鉄道と宮沢賢治~」(約30分)の上映

(2)ビデオ上映会「先生はほほーっと宙に舞った」

 日時:平成28年8月27日(土曜日)14時00分~16時00分

 内容:賢治の教え子へのインタビューをまとめた記録映画の総集編

(3)記念講演会「『ジオパーク秩父』と宮沢賢治」

 日時:平成28年8月28日(日曜日)14時00分~15時30分

 講師:本間岳史氏(元埼玉県立自然の博物館館長)

 内容:「ジオパーク秩父」の見どころについて、賢治ゆかりの地を中心にお話しいただきます。

 ※ いずれも会場はさいたま文学館文学ホール、費用無料、申込は電話でさいたま文学館(電話:048-789-1515)まで(定員200名、先着順)

県政ニュースのトップに戻る