Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年7月 > 第13回埼玉アジアフォーラムの開催~投資先としてますます注目が集まる国ミャンマー連邦共和国~

ここから本文です。

 

発表日:2016年7月5日14時

県政ニュース

第13回埼玉アジアフォーラムの開催~投資先としてますます注目が集まる国ミャンマー連邦共和国~

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当者名:柳沢・難波

内線電話番号:2713
直通電話番号:048-830-2713
Email:a2705-09@pref.saitama.lg.jp

 7月8日(金曜日)に「第13回埼玉アジアフォーラム」を開催します。今回は、新政権が発足し、民主化及び経済の著しい進展が見込まれるミャンマーを取り上げます。

 トゥレイン・タン・ジン 駐日ミャンマー連邦共和国特命全権大使の御講演をはじめ、ミャンマー国家計画・経済開発省(現:計画財務省)にて元開発政策・援助調整アドバイザーとして活躍された専門家による講演や現地に進出している県内企業関係者等によるパネルディスカッションを予定しています。

 県民の皆様をはじめ、企業や大学、NGO、NPO、国際機関、行政機関の関係者、大学生の皆様など、幅広い分野の方々の御参加をお待ちしています。

 また、このフォーラムに先立ち、ジン大使と上田知事が会談を行います。 

第13回埼玉アジアフォーラム概要

 1 日時 

 平成28年7月8日(金曜日)13時30分~17時00分 

 2 場所 

 新都心ビジネス交流プラザ4階会議室

 (さいたま市中央区上落合2-3-2)

 3 内容

(1) あいさつ 

 上田 清司 埼玉県知事

(2) 講演 

 1)トゥレイン・タン・ジン 駐日ミャンマー連邦共和国特命全権大使

 2)工藤 勉 ミャンマー国家計画・経済開発省(現:計画財務省)元開発政策・援助調整アドバイザー

(3) パネルディスカッション

  本間 徹        ミャンマー計画財務省 投資振興アドバイザー

  ティティレイ    今泉記念ビルマ奨学会理事長

  櫛田 啓蔵      株式会社敬相代表取締役

    白石 正明     日本MRDC株式会社代表取締役

 

(4)名刺交換会  

 4 問い合わせ

 埼玉県県民生活部国際課 国際戦略担当

  電話:048-830-2713 メール:a2705-09@pref.saitama.lg.jp

 5 主催 

 埼玉県、ミャンマー大使館、埼玉県経営者協会、埼玉りそな銀行 

 6 後援 

 国際機関日本アセアンセンター

 7 協力  

 JICA東京、鶴ヶ島市、鶴ヶ島市国際交流協会、今泉記念ビルマ奨学会、NPO法人民族フォーラム、 ミャンマー経済・投資センター 

駐日ミャンマー連邦共和国特命全権大使と知事の会談概要

 1 日時 

 平成28年7月8日(金曜日)11時50分~13時10分 

 2 場所

 ホテルブリランテ武蔵野6階藤の間(さいたま市中央区新都心2-2) 

 3 出席者 

 (1) 駐日ミャンマー大使館

 トゥレイン・タン・ジン     特命全権大使

 (2) フォーラム共催者等

 池田  一義   埼玉りそな銀行 代表取締役社長

 今泉 清詞  今泉記念ビルマ奨学会会長

 (3) 県議会

   宮崎 栄治郎        議長

   鈴木 聖二   アセアン友好議連会長

  (4) 県

   上田 清司                知事

   稲葉 尚子                     県民生活部長 

 

参考情報

「埼玉アジアフォーラム」について

 埼玉県では、アジア諸国が抱える諸問題の解決への貢献を通じて成長著しいアジア諸国の活力を本県に取り込んでいくことを目的に、企業・大学・NGO・国際機関・行政等が連携し、アジア諸国とのモデル事業を展開する「埼玉・アジアプロジェクト」に取り組んでいます。このプロジェクトの一環として、アジアを舞台に活躍する方々や各国駐日大使などをお招きし、アジアの実情を知り、アジアと本県の関係を考えるフォーラムを随時開催しています。

【参考画像:チラシ(PDF:986KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。