Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年7月 > 光化学スモッグ注意報 今年初めての光化学スモッグ注意報を発令(第1報)

ここから本文です。

 

発表日:2016年7月1日16時

県政ニュース

光化学スモッグ注意報 今年初めての光化学スモッグ注意報を発令(第1報)

部局名:環境部
課所名:大気環境課
担当名:企画・監視担当
担当者名:眞砂、萩原

内線電話番号:3053
直通電話番号:048-830-3051・3057
Email:a3050-03@pref.saitama.lg.jp

 今年初めての光化学スモッグ注意報を発令しました。

 今日は、関東地方の一部の地域では晴れて日射が強く、気温が30度以上に上がっているところがあります。埼玉県でも、風が弱く大気汚染物質が滞留しやすい気象条件となり、光化学オキシダント濃度が0.12 ppm以上になったため、注意報を発令しました。

 発令状況は以下のとおりです。

 なお、現在のところ、健康被害の届出はありません。

年月日

発令時刻

発令地域

平成28年7月1日 金曜日

午後3時20分

県南東部地区

県南中部地区

 

 光化学スモッグとは

 工場や自動車などから排出される窒素酸化物や揮発性有機化合物に、太陽の紫外線が当たることにより発生します。目や喉の粘膜に刺激を与え、目がチカチカする、喉が痛いなどの健康被害を引き起こすことがあります。

 埼玉県では以下の基準を目安に注意報等を発令しています。 

種類

発令の目安

発令する時刻

予報

注意報以上が発令されると予測されるとき

午前10時20分

注意報

オキシダント濃度が 0.12 ppm 以上で、

その状態が継続すると考えられるとき

毎時20分

警報

オキシダント濃度が 0.20 ppm 以上で、

その状態が継続すると考えられるとき

重大緊急報

オキシダント濃度が 0.40 ppm 以上で、

その状態が継続すると考えられるとき

 

 光化学スモッグ予報・注意報などが発令されたら

 健康被害にあわないために、

屋外での激しい運動は避けましょう。

目などに刺激を感じたらすぐ屋内に入りましょう。

乳幼児、お年寄り、病弱な人は、健康な成人よりも被害を受けやすいので、特に注意しましょう。

 また、大気汚染を悪化させる原因となりますので、自動車の使用を控えるよう御協力ください。 

 埼玉県において光化学スモッグが発生しやすい時期・気象条件

(時期) 5~9月

(気象条件)天気:晴れ又は薄曇り

 風向:朝方に北よりの弱い陸風が吹き、日中南よりの海風に変わる

 風速:日中の平均風速が4m/秒以下

 気温:日最高気温が25℃以上 

 最近5年間の注意報発令状況・健康被害

初回発令日

発令日数

健康被害者数

平成23

5月20日 金曜日

17日

9人

平成24

4月29日 日曜日

7日

0人

平成25

7月 9日 火曜日

13日

0人

平成26

6月 1日 日曜日

13日

0人

平成27

5月15日 金曜日

16日

0人

 

※最も早い初回発令日は昭和52年3月8日、最も遅い初回発令日は平成25年7月9日

 

 光化学スモッグ発令情報の入手方法

(1)インターネット(パソコンから)

 http://www.taiki-kansi.pref.saitama.lg.jp/

(2)インターネット(携帯電話から)

 http://www.taiki-kansi.pref.saitama.lg.jp/m/

※ 県では光化学スモッグ注意報等の発令情報をメール配信しています。

上記URLで登録を受け付けていますので御利用ください。 

県政ニュースのトップに戻る