Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年6月 > 「拉致問題を考える埼玉県民の集い」の開催について

ここから本文です。

 

発表日:2016年6月28日14時

県政ニュース

「拉致問題を考える埼玉県民の集い」の開催について

部局名:福祉部
課所名:社会福祉課
担当名:援護恩給担当
担当者名:小山、張本

内線電話番号:3290
直通電話番号:048-830-3277
Email:a3270-14@pref.saitama.lg.jp

 北朝鮮が拉致を認めてから既に14年になろうとしています。拉致被害者5名とその御家族は帰国しましたが、特定失踪者を含めた拉致被害者等の多くが未だに帰国を果たせずにいます。

 こうした中、拉致問題について、より多くの方に理解していただくため「北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会」との共催で、本年9月3日(土曜日)に「拉致問題を考える埼玉県民の集い」を開催します。 

県民の集いの参加者募集等について

1 今年度の集いの特徴について

 拉致被害者田口八重子さんの息子である飯塚耕一郎さんをお招きし、わずか1歳で生き別れた母親への思いをお伝えしていただくとともに、会場の参加者からの質問にもお答えいただく予定です。

 このほか、拉致被害者家族の飯塚繁雄さん、また、特定失踪者(拉致の可能性を排除できない行方不明者)家族の藤田隆司さんからもメッセージを伝えていただきます。

2 募集について

 この集いは、浦和コミュニティセンター多目的ホールにおいて開催し、定員400人で入場無料です。

 事前申込制となっていますので、希望者は、8月5日(金曜日)までに県社会福祉課宛てにハガキ又はEメールでお申し込みいただきます(当日必着)。 参加者が定員を超えた場合は抽選を行います。

 

 <参考>集いちらし(PDF:290KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。