Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年6月 > さきたま史跡の博物館平成28年度最新出土品展「地中からのメッセージ」の開催について

ここから本文です。

 

発表日:2016年6月23日14時

県政ニュース

さきたま史跡の博物館平成28年度最新出土品展「地中からのメッセージ」の開催について

部局名:教育局
課所名:さきたま史跡の博物館
担当名:資料・展示担当
担当者名:末木・鈴木

直通電話番号:048-559-1181
Email:k591111@pref.saitama.lg.jp

 さきたま史跡の博物館では、(公財)埼玉県埋蔵文化財調査事業団並びに埼玉考古学会と共催で、平成28年度最新出土品展「地中からのメッセージ」を開催します。

 県内では、毎年200件近くの発掘調査が行われています。これらの調査では貴重な発見が相次いでおり、出土した品々は本県の歴史を語る上で欠かせない資料です。

 今回は、熊谷市中西(まえなかにし)遺跡出土の全国的にも類例の少ない弥生時代の祭祀具(さいしぐ)である石戈(せっか)や、飯能市別所平(べっしょだいら)遺跡出土の珍しい文様の縄文土器、埼玉古墳群との関係が注目される行田市白山愛宕山(はくさんあたごやま)古墳の出土品など、学術上注目される資料を関係市町村の協力を得て、いち早く公開いたします。

 

1 会期

 平成28年7月9日(土曜日)~8月31日(水曜日)9時00分~17時00分

 ※ 休館日:月曜日(7月18日(月曜日)は開館)

 

2 会場

 さきたま史跡の博物館 企画展示室

 (行田市埼玉4834)

 

3 主な展示内容

(1)前中西遺跡(熊谷市)

 弥生時代中期後半(約2、000年前)の石戈(せっか)と呼ばれる祭祀具(さいしぐ)がほぼ完全な形で出土しました。石戈は銅戈(どうか)を真似たもので西日本に多くの出土例がありますが、のこぎりの歯のような文様(複合文ふくごうきょしもん)がある石戈は全国初の出土です。

 

 

(2)別所平遺跡(飯能市)

 縄文時代中期(約5、000年前)の集落遺跡で、多くの遺物が出土しています。中には、生き物をモチーフにしたような文様が連続して描かれている土器など、縄文時代の精神文化をうかがわせる資料が出土しています。

 

 

 (3)白山愛宕山古墳(行田市)

 埼玉古墳群の北側にある白山古墳群の中の古墳で、径約30mの円墳と推定されています。稲荷山古墳の外堀までわずか約70mという距離にあり同古墳との関係が注目される古墳です。古墳から出土した埴輪や須恵器すえきを展示します。

 

4 観覧料

( )内は20名以上の団体料金

一般200円(120円)、高校生・学生100円(60円)

 ※ 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

 

5 問い合わせ先

 さきたま史跡の博物館 資料・展示担当

 行田市埼玉4834

 電話:048-559-1181 FAX:048-559-1112

 ホームページ:http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/

 又は「さきたま史跡の博物館」で検索

 

6 関連事業

○第49回遺跡発掘調査報告会

日時:平成28年7月31日(日曜日)10時00分~16時00分(予定)

場所:さきたま史跡の博物館 講堂

○学芸員による展示解説

日時:7月10日(日曜日)・17日(日曜日)・24日(日曜日)・8月7日(日曜日)・14日(日曜日)・21日(日曜日)・28日(日曜日) 14時00分~(約30分)

 

参考画像:チラシ表(PDF:2,671KB)

参考画像:チラシ裏(PDF:1,053KB)

参考画像:提供写真(PDF:128KB)

 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。