トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年5月 > 「健康長寿埼玉モデル」の実施市町村が拡大―参加者が昨年度の3倍に増加―

ページ番号:69664

発表日:2016年5月31日14時

ここから本文です。

県政ニュース

「健康長寿埼玉モデル」の実施市町村が拡大―参加者が昨年度の3倍に増加―

部局名:保健医療部
課所名:健康長寿課
担当名:健康長寿担当
担当者名:黒澤・増田

内線電話番号:3573
直通電話番号:048-830-3578
Email:a3570-02@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では、県民の誰もが毎日を健康で生き生きと暮らせる社会の実現を目指して「健康長寿埼玉プロジェクト」を推進しています。

 平成27年度から全県展開を進めている健康長寿埼玉モデル*(1)の実施市町村が、このたび28に拡大します。

 今年度は、昨年度から実施している20市町に加えて、新たに8市町村が「毎日1万歩運動」、「プラス1000歩運動」又は「筋力アップトレーニング」の事業に取り組みます。

 また、3市町が参加者100人規模の「埼玉モデル」から1、000人規模の「とことんモデル」へとステップアップして事業を更に拡大します。

 今後も引き続き健康長寿埼玉モデルの普及を促進し*(2)、健康寿命の延伸と医療費の抑制を図ります。 

1 健康長寿埼玉モデルの実施市町村(28市町)

(1)とことんモデル 5市町

ア 埼玉モデルから移行(3)

(ア)毎日1万歩運動

  鴻巣市、北本市

(イ)筋力アップトレーニング

  ふじみ野市

イ 継続(2)

(ア)毎日1万歩運動

 三芳町

(イ)筋力アップトレーニング

 志木市 

(2)埼玉モデル 23市町村

ア 新規(8)

(ア)毎日1万歩運動

 戸田市、日高市、伊奈町、上里町

(イ)筋力アップトレーニング

 東秩父村

(ウ)プラス1000歩運動

 所沢市、深谷市、鶴ヶ島市

イ 継続(15)

(ア)毎日1万歩運動

 熊谷市、八潮市、幸手市、吉川市、滑川町、鳩山町、美里町、神川町

(イ)筋力アップトレーニング

 秩父市、蕨市、桶川市、嵐山町、川島町、小鹿野町

(ウ)プラス1000歩運動

 寄居町 

2 健康長寿埼玉モデルの参加者数

 平成28年度は、全体で約15,000人の参加者が予定されており、昨年度の約5,000人と比べて約3倍に拡大する見込みです。 

*(1) 健康長寿埼玉モデルとは、健康寿命の延伸と医療費の抑制を目指す健康づくり事業で、「毎日1万歩運動」や「筋力アップトレーニング」にバランスの良い食事の視点を加えたプログラム等で構成される。1、000人を超える規模で実施する「とことんモデル」と100人規模で実施する「埼玉モデル」がある。 

*(2) 今回の実施市町村決定(第1次)に続き、8月を目安に、実施市町村(第2次)を更に決定する予定です。 

県政ニュースのトップに戻る