トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年5月 > 若年性認知症デイサービスを提供するモデル事業者を決定しました。

ページ番号:69142

発表日:2016年5月19日14時

ここから本文です。

県政ニュース

若年性認知症デイサービスを提供するモデル事業者を決定しました。

部局名:福祉部
課所名:地域包括ケア課
担当名:認知症・虐待防止担当
担当者名:平田

内線電話番号:3251
直通電話番号:048-830-3251
Email:a3250-05@pref.saitama.lg.jp

 認知症は、一般的には高齢者に多い病気ですが、65歳未満で発症した場合「若年性認知症」とされ、県内推計人数は約2,000人となっています。

 県では、若年性認知症の人の居場所づくりのため、新たに通所介護サービスを提供するモデル事業者を公募し、2事業者を決定いたしました。 

モデル事業者概要

1 株式会社あいはな(所在地:春日部市)

 事業の種類:通所介護

 事業所の名称:アップネス

2 社会福祉法人三芳町社会福祉協議会(所在地:三芳町)

 事業の種類:認知症対応型通所介護

 事業所の名称:老人デイサービスセンター けやきの家

モデル事業内容等

(1) 事業の目的

 若年性認知症の人の社会参加促進及び若年性認知症の人の家族支援 

 (2) 事業の実施期間

 平成28年7月1日(金曜日)から平成29年3月31日(金曜日)まで 

 (3)活動内容

 農作業、調理等 

(4)利用対象者

 利用時に要介護1程度である65歳未満の若年性認知症の方のうち、社会参加活動を希望する方 

(5)モデル事業者等の詳細について

 (リンク切れのためURLを削除しました。)

県政ニュースのトップに戻る