トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年5月 > 県庁内福祉の店「かっぽ」19周年フェスタを開催しました

ページ番号:69187

発表日:2016年5月19日17時

ここから本文です。

県政ニュース

県庁内福祉の店「かっぽ」19周年フェスタを開催しました

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:障害者計画・団体担当
担当者名:船橋・羽鳥

内線電話番号:3294
直通電話番号:048-830-3294
Email:a3310-01@pref.saitama.lg.jp

 県庁内福祉の店「かっぽ」19周年フェスタが18日、19日の両日開催されました。

 会場となった県庁「みどりの広場」には、県内各地から参加した延べ25団体による店が並び、昼休みを中心に大変な賑わいを見せていました。

 どの店も障害者やボランティア、作業所の職員が手作りしたクッキーや雑貨などを所狭しと並べ、日頃の成果を多くの人に披露することができました。

 盛況のうちに終了した2日間の来場者は約350人。2日間の売上げは593、350円と昨年を大きく上回り、過去最高となりました。

参加団体からは、「多くの方に来ていただいて今後の励みになった。福祉の店「かっぽ」や「障害者に対する理解を深めてもらえたと思う」との声が寄せられています。

 また、生活困窮者を支援するために初めて実施したフードドライブでは、家庭などで余っている缶詰や乾麺、レトルト食品が20.6Kg集まりました。

 御来場いただいた方、温かい言葉や支援をいただいた方々に心から感謝申し上げます。 

【開催概要】

1 日時

 平成28年5月18日(水曜日)・19日(木曜日)11時00分~15時00分(両日とも)

2 会場

 県庁「みどりの広場」のスペース(渡り廊下の下)

3 主催

 埼玉県庁内「福祉の店」運営協議会 代表 小田原 道弥

4 内容

 ・障害者団体が手作りしたクッキーやパン、弁当、雑貨などの展示・販売

 ・地域での活動内容の紹介(パネル展示)

 ・スタンプラリー

 ・埼玉ボランティアズクラブ等の協力によるミニコンサート

 ・フードバンク埼玉の協力によるフードドライブ

5 来場者数

 約350人

6 売上金額

 593、350円(昨年:543、510円)

7 フードドライブ回収食品

 缶詰、乾麺、レトルト食品等20.6Kg 

【参考】

 福祉の店「かっぽ」は障害者の働く場を創造し、社会参加を促進するため、障害者団体が平成9年4月に県庁第二庁舎1階に設置した売店です。今年は開設19周年を迎えるとともに、15回目のフェスタとなりました。

県政ニュースのトップに戻る