トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年5月 > 埼玉県ふるさと創造資金の支援事業(平成28年度第1回)が決まりました

ページ番号:68840

発表日:2016年5月12日14時

ここから本文です。

県政ニュース

埼玉県ふるさと創造資金の支援事業(平成28年度第1回)が決まりました

部局名:企画財政部
課所名:地域政策課
担当名:地域振興担当
担当者名:大山、長橋

内線電話番号:2769
直通電話番号:048-830-2773
Email:a2760-01@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では、地域資源や強み等を生かして地域づくりに取り組む市町村に対し、「埼玉県ふるさと創造資金」により財政的支援を行っています。

 平成28年度(第1回)は、市町村の地域資源や観光スポットを活用する事業や「川のまるごと再生プロジェクト」など県の重点政策に連動する事業、人口減少・超少子高齢化社会の到来を見据えた先進的な取組に対して支援を行います。(補助額合計:約3.26億円)

 

1 主な事業

(1)高麗郡建郡1300年記念祭開催事業(日高市)

 日高市では、高麗郡建郡1300年を祝うため、5月21日、22日の2日間で記念祭を開催します。記念祭では、記念式典、にじのパレード、大鍋高麗鍋イベント、航空自衛隊によるコンサート、雅楽等を実施し、市民の一体感や郷土愛の醸成、歴史・文化の発信を通じた交流人口の増加を目指します。

 

(2)”こしがや”の魅力を活かした集客・送客の「磁場」創造 ~ガーヤちゃんの蔵屋敷~(越谷市)

 日光街道「越ケ谷宿」の玄関口である越谷駅東口に、観光・物産等の地域資源をPRする拠点施設を整備します。地場のグッズやグルメ、体験を通して市の魅力を内外に発信するとともに、日光街道埼玉六宿等の広域連携による地域活性化及び市への愛着と誇りの醸成を目指します。

 

(3)北部地域 若者UIJターン促進事業(熊谷市、本庄市、深谷市、美里町、神川町、上里町、寄居町)

 北部地域は若年層の転出超過と出生数の減少により、県平均を超えて人口減少・少子高齢化が進行しています。そこで、北部地域7市町が連携し、魅力発信PR・結婚支援・就職支援・空き家活用事業を複合的に展開し、若者の移住・定住の促進、出生数の増加を目指します。

 

(4)公園の健康遊具を活用した高齢者の健康増進事業(坂戸市)

 女子栄養大学と連携し、高齢化率約40%の西坂戸地区の公園に健康遊具を設置します。また、健康遊具を効果的に活用するための講習会を開催し、同地区をモデルケースとした高齢者の健康増進と生きがいの醸成を目指します。

 

(5)県央地域の定住促進・子育てナビ事業(鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、伊奈町)

 県央地域4市1町では、子育てに便利なスポットを調査・発掘し、子育て世代を応援するガイドブックを作成します。また、宅地建物取引業者の方々を対象に「県央エリアアドバイザー」養成講習を実施し、転居検討者に地域の魅力を直接発信していただくことにより、若者世帯の転入や定住を促進します。

 

(6)都幾川・新しい故郷づくり事業(東松山市)

 県の「川のまるごと再生プロジェクト」による都幾川の整備と連動して、稲荷橋周辺の多目的広場にバイオトイレや観光案内標識の整備、及び鞍掛橋に隣接する鞍掛山に散策路や展望広場の整備を行い、美しい景観・多様な川遊びの場としての都幾川を再生し、観光資源として活用します。

 

2 支援の概要

(1)補助額等

 対象市町村 45市町村

 対象事業 47事業

 補助額合計 約3.26億円 

 

(2)事業の内訳(事業内容別)

 地域活性化・魅力発信 25事業

 歴史・文化・国際交流 5事業

 超少子高齢化対策 5事業

 みどりと川の再生 6事業

 コミュニティ施設 6事業

 合計  47事業

 

 

※ 埼玉県ふるさと創造資金について

 制度の概要及び主な事業の詳細は、下記URLからご覧ください。

 http://www.pref.saitama.lg.jp/kurashi/kenmin/furusatosozo/index.html

県政ニュースのトップに戻る