トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年5月 > 4月2日及び3日における小児救急電話相談(#8000)の不通時間帯発生の原因等について(報告)

ページ番号:68574

発表日:2016年5月2日14時

ここから本文です。

県政ニュース

4月2日及び3日における小児救急電話相談(#8000)の不通時間帯発生の原因等について(報告)

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:地域医療対策担当
担当者名:中村、小島

内線電話番号:3531
直通電話番号:048-830-3538
Email:a3530-02@pref.saitama.lg.jp

 平成28年4月2日(土曜日)及び3日(日曜日)の深夜時間帯における不通時間帯の発生(平成28年4月4日報道発表)について、不通となった原因等が判明しましたので御報告します。

 不通の時間帯において、小児救急電話相談を必要とした皆様には多大な御迷惑をおかけしたことにつきまして、改めて深くお詫び申し上げます。 

1 不通であった時間帯 

 平成28年4月2日(土曜日) 0時45分~7時00分

   4月2日(土曜日)23時00分~4月3日(日曜日)9時00分

   4月3日(日曜日)23時00分~4月4日(月曜日)7時00分 

2 影響 

 不通時間帯に、延べ827件、235人から電話がありました。 

3 原因

 相談者からかかってきた電話を相談員へ転送する過程で、光信号を音声信号に変換する機器と相談員へ電話を転送するシステムの間で、音声信号の送受信に不具合が生じたことが原因と判明しました。

4 対応状況

 光信号を音声信号に変換する機器を新しいものに交換し、正常に作動することを確認しました。 

参考1 小児救急電話相談の概要

(1)概要

 子供の急病時の家庭での対処方法や受診の必要性について、看護師が電話で相談に応じる。

(2)相談時間

 月曜日~土曜日 午後7時から翌朝午前7時まで

 日曜日、祝祭日、年末年始 午前7時から翌朝午前7時まで

(3)事業開始時期

 平成19年6月から 

参考2 小児救急電話相談の実績

 平成27年度の小児救急電話相談の相談件数は、全国で最も相談件数が多かった平成26年度と比べ4、857件、9.1%増加し、58、185件でした。

 また、平成28年4月から深夜帯の相談員を1名から2名に増員することで、相談実施時間帯において2人以上の相談体制を実現しました。

 今後も、引き続き安心して相談できる体制の構築に努めてまいります。

県政ニュースのトップに戻る