Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2015年度 > 2015年9月 > 食中毒を発生させた施設の行政処分について

ここから本文です。

 

発表日:2015年9月11日13時

県政ニュース

食中毒を発生させた施設の行政処分について

部局名:保健医療部
課所名:食品安全課
担当名:監視・食中毒担当
担当者名:坂梨・秋山・原

内線電話番号:3611
直通電話番号:048-830-3611
Email:a3420@pref.saitama.lg.jp

1 行政処分の内容

 坂戸保健所は、食中毒を発生させた(1)の営業者に対して、(2)の営業施設での営業停止の行政処分を本日行った。 

(1)営業者

 (埼玉県川越市)

(2)営業施設

 (坂戸市)

(3)営業の種類

 魚介類販売業

(4)違反内容

 食品衛生法第6条第4号違反

 平成27年9月8日に上記営業施設において調理提供されたサンマの刺身を摂食した者のうち1名に対して、胃痛を主症状とするアニサキスによる健康被害を生じさせた。

(5)処分内容

 食品衛生法第55条に基づく営業停止命令(魚介類販売業部門のみ)

 処分年月日:平成27年9月11日

 営業停止1日間:平成27年9月11日

(6)病因物質

 アニサキス(寄生虫)

2 指導内容

 坂戸保健所では営業者に対して、食中毒の再発防止を目的に、営業停止期間中、調理従事者に対する衛生教育等を行う。 

3 食中毒事件の概要

(1)探知

 平成27年9月10日(木曜日)、坂戸市内住民から坂戸保健所に「9月8日(火曜日)にスーパーでサンマの刺身を買って自宅で食べたところ、激しい胃痛を生じた。翌日に病院を受診し、内視鏡で胃からアニサキスが摘出された。」との通報があり、調査を開始した。 

(2)調査結果(9月11日 11時現在)

ア 患者の発生状況等

(ア)喫食者:2名

(イ)患者:1名(女性、40歳代)

 入院なし。現在快方に向かっている。

(ウ)喫食日時:9月8日(火曜日)19時頃

(エ)初発日時:9月8日(火曜日)22時~23時頃

(オ)主な症状:胃痛

(カ)原因食品:サンマの刺身

 

イ 上記営業施設を食中毒の原因施設と断定した理由

(ア)アニサキスは生の魚介類を食べることにより感染するものであり、潜伏期間を考慮すると、患者が生で食べた魚介類は、当該施設で購入したサンマの刺身のみであること。

(イ)患者から摘出された虫体がアニサキスと確定されたこと。

(ウ)患者の症状及び潜伏期間がアニサキスによるものと一致したこと。 

参考情報

埼玉県の食中毒発生状況 ※政令市及び中核市を除く

 

件数

患者数

死者数

平成27年度(4月1日~9月11日現在)

10

83

0

うち、アニサキスを原因とするもの

1

1

0

平成26年度(4月1日~9月11日)

6

78

0

うち、アニサキスを原因とするもの

1

1

0

  

★県民の皆様へ

 アニサキスは、魚介類の寄生虫です。体長約1~3cm、白色半透明の線虫で、サバ、イカ、アジ、イワシ、サンマ等に寄生しています。

 アニサキスが寄生した魚を、刺身や寿司など生で食べることにより、アニサキスが胃腸壁に侵入する場合があります。ほとんどが食べて8時間以内に発症し、激しい腹痛やおう吐などを起こします。

 アニサキス食中毒の予防には、加熱(60℃、数秒)又は冷凍(-20℃以下、24時間以上)が有効です。ワサビやしょう油、「しめサバ」の酢では死にません。魚を調理する際は新鮮な魚を選び、速やかに内臓を取り除きましょう。細かく切ったり、食べる時によく噛むことも予防につながります。 

「生で食べると危険です!」チラシ

 (リンク切れのためURLを削除しました。)

アニサキスによる食中毒を予防しましょう(厚生労働省ホームページ)

 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000042953.html

県政ニュースのトップに戻る