• トップページ
  • 診療のご案内
  • センターのご紹介
  • 当施設について
  • 診療関連部門診療科のご案内
  • 採用案内

埼玉県立がんセンター > 診療科のご案内 > 消化器外科 > 遠隔操作型内視鏡下手術システム(ダ・ヴィンチ)を用いた胃がん手術100症例目突破

ここから本文です。

 

掲載日:2020年1月23日

遠隔操作型内視鏡下手術システム(ダ・ヴィンチ)を用いた胃がん手術100症例目突破

埼玉県立がんセンターでは、遠隔操作型内視鏡下手術システム(ダ・ヴィンチ)を使用した胃がん手術(以下、ロボット胃癌手術)を2014年から開始し、2019年11月には100件を超えました。

これを記念して、遠隔操作型内視鏡下手術システム(ダ・ヴィンチ)の制作会社であるインテュイティブサージカル合同会社より記念の盾を授与されました。

100例以上の経験数は、ロボット胃癌手術としては国内上位となります。

davintinew tate

また、2019年10月19日発売の週刊ダイヤモンド(ダイヤモンド社)では、ロボット胃癌手術に関し、2018年度の手術数が全国9位であることや、累積の手術数でも全国で5番目にあたる病院として当院が紹介されています。 

2018年4月以降、日本では12種類のロボット手術の術式が保険適用となりました。そして当院では2018年から直腸癌のロボット手術も開始いたしました。希望される患者様がおられましたら、当院の外来主治医に御相談下さい。

 

○ 担当医より

ロボット胃癌手術を担当している消化器外科・低侵襲手術センターの江原です。

eharaDr当センターでは、2014年よりロボット胃癌手術を開始しました。これらは医師の操作によって動くロボットアームを用いた最新の腹腔鏡手術です。従来の腹腔鏡手術とは違い、おなかの中にロボットアームの関節があることで、自由自在に手術器械を操作することが可能となりました。

また3Dハイビジョン画像および手ぶれ防止機能の効果もあいまって、難しい手術を簡単におこなうことができるようになりました。2014年9月には、当院も参加した先進医療が開始され、その結果“従来の腹腔鏡手術よりも合併症を減らす”ことが証明されました。

費用に関しても2018年4月以降は健康保険の適応となったため、従来の腹腔鏡手術と同じ金額で手術を受けていただくことができます。

現在は早期胃癌と進行胃癌の一部(Stage II)までをロボット胃癌手術の適応としていますが、今後さらに進んだ病期の患者様にもロボット手術を受けていただけるように適応を拡大していきます。

当センターではこれまで100例を超えるロボット胃癌手術を経験し、従来の腹腔鏡による胃癌手術も800例以上おこなって参りました。合併症も全国平均より低率であり、患者様にとって、痛みが少ないだけでなく合併症も少ない手術を提供できていると考えております。ロボットおよび腹腔鏡の胃癌手術を希望される患者様は、外来担当医に御相談ください。

 

 

お問い合わせ

病院局 がんセンター  

郵便番号362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室780番地 埼玉県立がんセンター

ファックス:048-722-1129

検査や治療又は診療の内容に関する個別のご相談には応じかねます。
がん相談については、地域連携・相談支援センターをご利用ください。
地域連携・相談支援センター連絡先
電話:048-722-1111
受付時間 平日9時00分~16時00分

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?