• トップページ
  • 診療のご案内
  • センターのご紹介
  • 当施設について
  • 診療関連部門診療科のご案内
  • 採用案内

埼玉県立がんセンター > 診療のご案内 > がん遺伝子パネル検査

ここから本文です。

 

掲載日:2019年9月5日

保険診療のがん遺伝子パネル検査について

 保険診療のがん遺伝子パネル検査については、現在準備中です。
準備が整い次第、ホームページにてお知らせいたします。

 

東大オンコパネル 登録終了

 埼玉県立がんセンターは、がんゲノム医療中核拠点病院である東京大学医学部附属病院の連携病院として「がんゲノム医療」を推進していくことになり、2018年11月1日より運用を開始しました。東大オンコパネル検査1)は、「先進医療」として実施されるもので、先進医療技術料2)として約91万円かかります。相談を希望される方は、下記問合わせ先にご連絡ください。

1)東大オンコパネル検査:約460のがん関連遺伝子を調べ、効果が期待できる治療薬があるかどうかを調べる検査です。遺伝子パネル検査で、治療につながる結果が得られない場合や、治療に使用できる薬剤がない場合もあります。
2)医療保険で先進医療特約を契約されている方は、保険が利用できます。

対象条件

 遺伝子パネル検査を受けるには以下の条件を全て満たす必要があります。

  • 病理学的診断によって、悪性腫瘍であることが診断されている(血液腫瘍は除く)
  • 治癒切除不能または再発により、標準治療による根治が難しいと考えられる
  • 標準治療がない、標準治療が終了している、もしくは終了が見込まれる
  • 歩行可能で日常生活に支障がない(Performance Statusが0又は1)
  • がんの組織標本がある(生検検体でも可能)

相談から遺伝子パネル検査までの流れ

1.主治医・担当医に相談、もしくは問合せ先に電話→腫瘍診断・予防科の外来予約
   埼玉県立がんセンター以外の医療機関に通院中の患者様は、紹介状と画像データをご準備の上、ご連絡ください。主治医の先生には、検査後の臨床情報を提供していただく必要があります。

2.埼玉県立がんセンター 腫瘍診断・予防科 外来受診
   検査についての説明、検査を受ける条件の確認、東大病院への登録、検査のための検体準備

3.東大病院受診
   同意確認、血液採取

◆「遺伝子パネル検査(Todai OncoPanel)」についてお知りになりたい患者さんへ

下記のホームページにて情報を掲載しています。(外部リンク)
Todai OncoPanelホームページ(http://todaioncopanel.umin.jp/)


4.埼玉県立がんセンター 診療科または腫瘍診断・予防科受診 検査結果の報告
   東大病院受診から検査結果が返却されるまでに約6週間かかります。

 

お問い合わせ

病院局 がんセンター   腫瘍診断・予防科

郵便番号362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室780番地 埼玉県立がんセンター

ファックス:048-722-1129

担当:看護師 かくた
「がん遺伝子パネル検査の相談です」と伝えてください。
面談中の場合は、担当者より改めてご連絡いたします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?