ここから本文です。

掲載日:2018年4月2日

学校法人浅野学園 国際航空専門学校

取組項目:男性の育児休業取得促進

取組のポイント

国際航空1○部署内で業務を補完できる体制づくり

○さらに働きやすくするための制度の見直し

具体的な取組内容

○部署内で業務を補完できる体制づくり

 ・各教官・職員の担当業務が分かる「担務表」を詳細に作成

 ・年間スケジュール表を作成し各教官・職員で共有

 ・育児休業中に起こり得る問題について関係部署との意見交換を実施

○さらに働きやすくするための制度の見直し

 ・育児時間の取得要件の緩和(1歳未満→2歳未満)や変形労働時間制の導入

取組の効果

国際航空2・各教官・職員の情報共有が進むことで全体の業務が効率的に進むようになった。

・関係部署との意見交換により、男性の育児休業取得に関する意識が高まった。

・変形労働時間の導入により、業務の繁閑に合わせて柔軟に労働時間が設定できるようになった。

経営者からのメッセージ

仕事をするコバトン学校法人浅野学園 理事長 中井 眞一郎 様

男性職員からの育児休業取得申請は今回が初めてでした。これに職場全体で対応することができたので、今後、育児休暇や介護休暇の取得を通じた「働き方改革」を積極的に進めるための成功事例となりました。

企業概要

企業名

学校法人浅野学園 国際航空専門学校

業種

教育、学習支援業

業務内容

航空従事者の育成

所在地

所沢市

従業員数

49名(男性41名、女性8名)

URL

http://www.asano-kac.ac.jp

 

 

 

 

 

 

 

・取組内容について詳しく知りたい方は、県ウーマノミクス課(048-830-3965)にお問い合わせください。

・県では働き方見直しについて、アドバイザーの派遣により取組の支援を行っています。働き方見直しを行いたい企業はお申込みを御検討ください。

働き方見直しに取り組む企業へ戻る