ここから本文です。

掲載日:2018年2月14日

「彩の国女性研究者ネットワーク」キックオフセミナーを開催しました!

埼玉県では、昨年6月、埼玉大学とともに女性研究者・技術者の活躍を推進するため、県研究機関・県内企業と連携し、「彩の国女性研究者ネットワーク」を立ち上げました。


2月5日に、ネットワーク会員である研究機関や企業の女性研究者、技術者及びこれから研究者を志す学生140人が埼玉大学に集まり、キックオフセミナーを開催しました。


第一部では、沖縄科学技術大学院大学のマチ・ディルワース副学長に「無意識のバイアスと女性研究者活躍推進」と題してご講演いただきました。採用や人事配置を行う際に、誰もが性別や学歴を無意識のバイアス(偏見)で判断しているので、影響を最小限にするためには自分のバイアスを自覚することが必要であると話されました。

 
第二部では、県研究機関と県内企業の女性研究者、技術者の方々が登壇され、女性登用の現状や取組についてパネルディスカッションを行いました。


埼玉県では、引き続き女性研究者・技術者が活躍できる環境を整えて人材の育成定着を図り、研究力の向上につなげていきます。

2018年2月 ブログ一覧へ戻る