ここから本文です。

掲載日:2020年3月10日

支援情報(国)

助成金認定制度

助成金

女性活躍加速化コース(両立支援等助成金)

常時雇用する労働者が300人以下の中小企業事業主が、女性活躍推進法に基づき、自社の女性の活躍に関する「数値目標」とその達成に向けた「取組目標」を盛り込んだ「行動計画」を策定。計画に沿った取組を実施し、「取組目標」を達成した事業主に対して助成。

出生時両立支援コース(両立支援等助成金)

男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土づくりに取り組み、かつ、男性労働者に子の出生後8週間以内に開始する育児休業を取得させた事業主及び育児目的休暇を導入し男性労働者に利用させた事業主に対して助成。

再雇用者評価処遇コース(両立支援等助成金)

妊娠、出産、育児、介護又は配偶者の転勤を理由として退職したものが、就業が可能になったときに復職できる再雇用制度を導入し、希望するものを採用した事業主に対して助成。

育児休業等支援コース(両立支援等助成金)

「育休復帰支援プラン」を作成し、プランに基づき労働者の円滑な介護休業の取得・復帰に取り組んだ中小企業事業主、又は仕事と介護の両立に資する制度を導入し、利用者が生じた中小企業主に対して助成。

育児休業取得者の代替要員を確保するとともに、育児休業取得者を原職復帰させた中小企業事業主に対して助成。

育児休業から復帰後の労働者を支援するため、法を上回る子の看護休暇制度や保育サービス費用補助制度を導入し、労働者に利用させた中小企業事業主に対して助成。 

介護離職防止支援コース(両立支援等助成金)

「介護支援プラン」を策定し、プランに基づき労働者の円滑な介護休業の取得・復帰に取り組んだ中小企業事業主、又は仕事と介護との両立に資する制度を導入し、利用者が生じた中小企業事業主に対して助成。

 

 

上記の助成金の詳細は、埼玉労働局のホームページの「事業主の方のための雇用関係助成金」の「7.仕事と家庭の両立に取り組む場合の助成金」をご覧ください。また、その他の雇用関係助成金についても、左記ホームページに掲載されているのでご覧ください。

 

認定制度

女性活躍推進法に基づく認定企業(えるぼし認定企業)

女性の活躍推進に関する取組の実施状況等が優良な企業は、申請により厚生労働大臣から優良企業の認定を受けることができます。

くるみん認定制度

次世代育成支援対策推進法に基づき、条件を満たした企業が、申請を行うことで「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができます。

 

女性活躍へ戻る