• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > センターの概要 > 広報紙 > With You さいたま Vol.47(平成27年7月) > Women 現代の吟子たちに聞く  貫井香織さん(有限会社 貫井園取締役)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月26日

Women 現代の吟子たちに聞く  貫井香織さん(有限会社 貫井園取締役)

「食」を愉しむ幸せを届けたい~お茶と原木しいたけの生産者からの「食」の発信

WithYouさいたまvol47貫井さん写真


  美味しいものを作りたい。そうは言っても、農業の世界に飛び込んだ当時、「家業」とはいえ、「原木しいたけ」と「お茶」の栽培の知識は皆無。まずは父の後ろについて学び、生き物である農産物の成長を見守る楽しさ、良いものができた時のうれしさを知りました。日本の四季のもたらす恩恵も改めて感じました。それが「生産者」としての自分の活力であり、原点となっています。

  私にも迷いの時期がありました。大学卒業後就職した会社は、いずれも外部からクライアントの成長をサポートする仕事でした。次第に自分自身で事業を手掛けたいという気持ちが強くなり、ビジネスとして「農業」を選択することになりました。 もともと「食」に興味がありました。「食」には、「生きるための食」という原点と、その対極に「愉しむ食」があると思っています。「食を愉しむ」ことで幸せを感じられる人がいるなら、「食材の提供」という形で幸せが届けられないかと考えたのです。

  自分が作った物を、より多くの人の手元に届けるにはどうしたらいいか。そう考えた結果、レストランへの卸がスタートし、海外への販売もスタートしました。食べ方の提案を考えることが、加工品のバリエーションも生み出しました。
  ただし、目指すのは「八百屋さん」、「プランナー」ではなく、あくまで「生産者」。そして「食べる人の姿」が常に目の前にあります。
  活動していく中で様々なご縁もできました。自分の興味のあること、好きなことに対してはおのずと道ができる。というか、待っていても拡がらない。やりたいことは口に出す。自分自身がきちんと発信することで、自然にいろいろな仕事に結びつく情報が舞い込んでくるようになりました。

  今、農業をやっている中で、しがらみは感じません。農業に関わらず、また、年齢、性別に関わらず、どんな世界でも、やりたいことができるかできないかは、自分がやるかやらないかだと思います。
 今関わっている「農業女子プロジェクト※」にしても、やりたいと思って手を挙げました。自分でおもしろいと思える企画であれば、今後も参加していきたいと思っています。
  せっかく生きているんだから、わくわくしていたい。その「わくわく」を実現すると、また違う景色が目の前に拡がってきます。それを繰返し追いかけ続けている気がします。

  ※農業女子プロジェクト(農林水産省経営局就農・女性課):女性農業者が日々の生活や仕事、自然との関わりの中で培った知恵をさまざまな企業のシーズ(種子)と結びつけ、新たな商品やサービス、情報を社会に広く発信していくためのプロジェクト。  

WithYouさいたまvol47しいたけカレーWithYouさいたまvol47きのここあ

(写真)
貫井さんのアイデアで生まれた加工品 しいたけカレー、きのここあ  

プロフィール  貫井  香織(ぬくい かおり)

1978年埼玉県生まれ。成蹊大学経済学部卒業。採用コンサルティング会社、PR会社を経て、08年、29才の時に就農。原木しいたけ・狭山茶の生産から販売まで携わる。「農家のこせがれネットワーク」にも参加。現在、「日本グローバルファーマー連絡協議会」会長、農林水産省「農業女子プロジェクト」メンバー。2014年度第10回さいたま輝き荻野吟子賞受賞。 

貫井香織さんへのひと言質問

  • 朝起きてまずすること
    まずは緑茶を淹れます
  • 好きな食べ物
    とうもろこし(しいたけももちろん好きです)
  • 好きなTV
    プロジェクトX、プロフェッショナル、情熱大陸
  • リラックス・タイム
    ヨガ「今日のヨガをする時間を作った自分に感謝しましょう」インストラクターの言葉に共感
  • 尊敬する人
    特定な人ではないが、一生懸命な人
  • 5年後の私
    今やりたいことは通過して、違う景色を追いかけている

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター 事業・相談担当

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?