• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > 情報ライブラリー > 情報ライブラリー通信 > Bookmark Vol.44 > 思わず手にした こんな本あんな本

月曜日から土曜日

9時30分から21時

日曜日、祝日

9時30分から17時30分

毎月第3木曜日
年末年始(12月29日から1月3日)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月15日

思わず手にした こんな本あんな本 

~当センターサポートスタッフ(ボランティア)からのお薦め本です♪~   

今年の夏は記録的な猛暑が続きました。そして、北海道地震、西日本豪雨、相次いでの台風被害とかつて無かったと思われる自然災害に襲われました。

被害に遭われた方々に心からお見舞い申しあげます。伝えられる情報から学び、対策として何ができるか考えたいと思います。(C.A)

生かし生かされ7年間

おちゃめに100歳!寂聴さん

 書影

瀬尾まなほ/著

光文社(2017.11)

請求記号: 910.268/セ

作家で尼僧、95歳の瀬戸内寂聴さんとの7年間の日々を66歳も年下の秘書、瀬尾まなほさんが綴ったエッセイ。年の差を逆手に、まなほさんと対等にやり合っている寂聴さんの姿に可愛らしさと親しみを感じる。そんな寂聴さんとの生活の中で、まなほさん自身が変わっていく様子、お互いに必要とし、必要とされ合っている不思議な縁を感じる。エッセイ後半に若者、特に女性への支援活動にまで、まなほさんの思いが広がっていく様子に惹かれた。(C.A)

雑誌『an・an』から女性の生き方が見えてくる

an・anの嘘

書影

酒井順子/著

マガジンハウス(2017.3)

請求記号: 051.7/ア

雑誌『an・an』は1970年3月に創刊、多くの女性たちに刺激を与え続けてきた。本書はその2000号を記念して発行された。自分も当時、『an・an』を手に取った一人。『an・an』を読み継いできた女性たちが混迷、模索しながらも時代とともに歩んだ歴史のようなものを感じる。著者はベストセラー『負け犬の遠吠え』同様、本書でも女性たちの姿を多角的にとらえる。『an・an』を知る人も知らない人もその時代を生きた女性たちの姿から何かを感じてほしい。(I.Y)

「自分自身でないもののフリ」はすべての差別や暴力の根源につながると発見した、ある男性の実践

ありのままの私

書影 

安冨歩/著

ぴあ(2015.8)

請求記号: 367.9/ア

2018年7月に行われた埼玉県東松山市長選挙で、「女性装」の東大教授、安冨歩氏が立候補し、従来とは一線を画した選挙運動で話題になった。本書は、安冨氏が女性装を初めたきっかけから、確立しテレビ出演したエピソードまで時系列に書かれているが、研究者らしく深い論考が添えられている。日本人の「立場主義」、マツコ・デラックスの人気の理由、「性同一性障害」という言葉の危険性、そして「美しさ」とは何なのか。当事者が多様な生き方・視点を与えてくれる内容。(Y.O)

日本でも「革命」は起こるのか

21世紀の女性と仕事

書影 

大沢真知子/著

左右社(2018.5)

請求記号: キャリア文庫 366.38/ニ

「静かな革命」。アメリカでは、女性が社会進出を遂げてきた過程をそう呼んでいる。それはあまりに自然に社会に浸透したからだった。我が国日本にも間違いなく起こっているはずのこの「静かな革命」が、他の先進国に比べ影響力を持たない理由は何か。従来の慣習以外にも、社会制度、雇用形態、経済状況等の様々な角度からその原因を探り、これからの「女性と仕事」の可能性を考察する。データをもとにした解説がわかり易い一冊。(M.A)

楽しい・役に立つ・友達ができる、が成功のカギ

人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方

書影 

牟田静香/[著]

講談社(2007.4)

請求記号: 379.5/ヒ

本書は著者自身が作成したチラシを使い、失敗例・成功例を読者に示し、考え気付かせるという展開になっている。その中に成功のノウハウや男女共同参画の視点を盛り込んでいる。著者は偶然男女共同参画施設に出会い、その重要性をもっと知らせたいと参加者目線でチラシや講座を作り始めたという。素人から今や講師を務めるようになった著者のチャレンジ物語でもある。読者が羨望より共感を覚えるのは、「人が行動を起こす本質」を著者が見抜いている所にある。(S.S)

サポートスタッフ募集のお知らせ

With You さいたまでは、常時、センターのさまざまな事業の運営の支援に関わって頂く、 サポートスタッフ(=ボランティアスタッフ)を募集しています。
詳しくは、With You さいたまでのボランティアをご覧ください。

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター  

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3・4階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?