• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > 情報ライブラリー > 情報ライブラリー通信 > Bookmark Vol.37 > 思わず手にした こんな本あんな本

月曜日から土曜日

9時30分から21時

日曜日、祝日

9時30分から17時30分

毎月第3木曜日
年末年始(12月29日から1月3日)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月15日

思わず手にした こんな本あんな本

~当センターサポートスタッフ(ボランティア)からのお薦め本です♪~ 

「皆さんは、思わず手にとって読みたくなるそんな本にであったことありませんか?
今回もそんな本を私たちサポートスタッフが紹介しています。
性同一性障害や母子避難など、多くの方に知ってもらいたいテーマの本も紹介しています。
ほかにも様々な本を紹介していますので気になる本がある方は、読んでみませんか?」(H.I )

沈黙から発言へ
変えてゆく勇気ー「性同一性障害」の私から

 BM37bk1

上川あや/著

岩波書店(2007.2) 

請求記号: 367.9/カ

著者は社会人として男性・女性の両方を経験し、区議会議員に立候補。初当選以来、「ひとり会派」で少数者の声を代弁し続けている。
悩み続けた半生を語り、世の中を変えるにはどのような方法があるか、そしてどんなスキルが必要かを紹介する。これはただの告白本ではない。多様性を認める、寛容な社会を作るためには「自己肯定感」と「権利意識」のバランスが求められることを説く、日本人の新たな市民意識の養成教科書とも言える。(S.S)

これから大人になるあなた、すでに大人になってしまったあなたへの手紙

大人になるっておもしろい?

BM37bk2

清水真砂子/著

岩波書店(2015 .4 ) 

請求記号: 159.7/シ

Kさんへの手紙として書かれた13信はどれも今まで自分が当たり前に過ごしてきたことを立ち止まらせる内容。第3信の「一人でいるっていけないこと?」ではとかく一人でいる子をさびしそうな子として、こちら(大人)は声をかけてしまいがち。それは必要なことではないと。ジュニア新書で子どもに読んでほしい本であるが、まずは大人に読んでほしい。そして、この本で著者が触れているお勧め本や映画作品の紹介もうれしい。(I.Y)

ありのままの自分がステキ
ありのままの自分がいい(少年期・思春期のセクシュアリティ:こころとからだの本

 BM37bk3

クレア・パターソン/著 リンジィ・クィルター/絵eq Press/訳

太郎次郎社(1991.7)

請求記号: 367.9/ア

性に関することは、周囲の人に聞けずに悩んだり、正しい知識がないことで、悲しい思いをする子ども達がいます。この本は、「自分自身の体や気持ちを知ることの大切さ」、「いやなことはいやと言うこと」を挿絵も使って具体的に説いています。他の人との関わりの持ち方、また関わりを通して、ありのままの自分がステキなのだと気付かせてくれます。思春期の子どもたちだけでなく、大人も読んで子どもたちに伝えて欲しい一冊です。(C.A)

その実戦体験を語ることも許されず、自ら口を閉ざした女性たちの証言

 戦争は女の顔をしていない

BM37bk4 

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ/著三浦みどり/訳

群像社(2008.7)

請求記号:986/ア

旧ソ連で第二次大戦に従軍した女性たちに対する聞き語り。口語文主体で読みやすいが、ここに集められているのは遠い時空のできごとの記録ではなく、激変する時代に翻弄される私たちにも無縁ではない、無数の声だ。「あたしたちが生きているうちに訊いておいて。あたしたちがいなくなってから作り事をいわないで。」という元女性兵の言葉が、読後もずっと心に響いている。(A.U)

我が子を放射能から守りたいだけなのに―
ルポ母子避難: 消されゆく原発事故被害者

 BM37bk5

吉田千亜/著

岩波書店(2016.2)

請求記号: 539.99 /ル

福島第一原発事故により、高い放射線量の避難指示区域外に住むお母さんたちは、子どもを連れ他県に避難した。賠償は少額で済まされ、国と福島県による帰還促進のため無償の借り上げ住宅も今年度で終了が決定(一部の自治体を除く)。当事者は経済的に窮地に追い込まれてしまう。
著者は事故後避難した母子に寄り添い続けた。一緒に憤り、活動することによってできた絆と丹念な取材。その人でしか成し得ない、母子避難のリアルな実態が示された。(Y.O)

サポートスタッフ募集のお知らせ

With You さいたまでは、常時、センターのさまざまな事業の運営の支援に関わって頂く、 サポートスタッフ(=ボランティアスタッフ)を募集しています。
詳しくは、With You さいたまでのボランティアをご覧ください。

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター  

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3・4階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?