• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

月曜日から土曜日

9時30分から21時

日曜日、祝日

9時30分から17時30分

毎月第3木曜日
年末年始(12月29日から1月3日)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月7日

ピックアップ☆ ~ライブラリーからのお薦め本~

春から夏にかけては生命が芽吹く季節。性別にかかわらず、「生きる」ことについて考える本をピックアップしました。

僕が家庭科教師になったわけ: つまるところの「生きる力」

bokugakateika

 

小平陽一著
太郎次郎社エディタス(2016.2)

請求記号:375.54/ボ

 生きる力を身につけよう。

化学教師だった著者・・・生活科学という視点で家庭科をとらえ、家庭科教師に。
今までの考え方のフェンスを超えた先にあったのは男女の別なく”生きるための家庭科”。
この本を読んで知識ではない、生きる力を身につけてみませんか。

アジアの生殖補助医療と法・倫理

asia

日比野由利編著
法律文化社刊   (2014.3)

請求記号:495.48/ア

韓国、ベトナム、インド、マレーシア、シンガポール、タイ。これらの国々における生殖補助医療の法と倫理を医学、宗教文化、政策創造、経済など各分野の研究者が説き明かした本書。命について、倫理感についてあらたに考えるきっかけに。

 いま、この本!

男が弱まってるって本当!?遺伝子レベルから、仕事、家庭生活まで女も男も大変だけれど…共に協力して「生きる力」を身につけよう!(N.K) 

男の弱まり : 消えゆくY染色体の運命
 otokonoyowamari

黒岩麻里著
ポプラ社(2016.1)
請求記号:467.3/オ 

男女の性差とは?
働く女子の運命

hatarakujyoshi

濱口桂一郎著
文藝春秋(2015.12)
請求記号: 366.38/ハ

働きにくいのは?
「専業主夫」になりたい男たち

 sengyousyufu

白河桃子著 

ポプラ社(2016.1)
請求記号: 367.3/セ

男性も家庭進出!

 

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター  

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3・4階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?